千寿菊(読み)センジュギク

  • 千寿菊 (センジュギク)

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 キク科の一年草。メキシコ原産で、主に切花用に栽培される。高さ〇・五~一メートル。葉は対生または互生し羽状に全裂。裂片は披針形で縁に細鋸歯(きょし)がある。夏から秋にかけ、枝先に臭気のある淡黄色や橙黄色の頭花が咲く。頭花は径三~一〇センチメートルで、舌状花の数の多いものがふつうに栽培される。漢名、臭芙蓉。てんりんか。アフリカン‐マリーゴールド。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android