コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千灯会 セントウエ

デジタル大辞泉の解説

せんとう‐え〔‐ヱ〕【千灯会】

多くの灯火をともして仏に供養する法会。奈良の法華寺などで行われた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の千灯会の言及

【万灯会】より

…単に万灯ともいわれる。繁栄安穏を祈り,懺悔滅罪のために個人あるいは国家などが行ったもので,万灯会に対して千灯会といわれる法会も行われた。日本では651年(白雉2)味経(あじふ)宮で2700余の灯を燃やしたという《日本書紀》孝徳天皇条の記載が初見で,744年(天平16)に東大寺の前身である金鐘寺で1万坏の燃灯供養を行った例が最も古い。…

※「千灯会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千灯会の関連情報