千種有文(読み)ちぐさ ありふみ

美術人名辞典の解説

千種有文

公卿・歌人有功の子。和歌に優れ、詠歌は『秋草集』等に採録されている。和宮隆嫁問題で勤王浪士の誤解を受ける。落飾して自観と号し退官したが、維新後、行政官権弁事・宮内大丞等に叙任された。明治2年(1869)歿、55才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千種有文 ちぐさ-ありふみ

1815-1869 江戸時代後期の公卿(くぎょう)。
文化12年7月16日生まれ。千種有功(ありこと)の次男。和宮(かずのみや)降嫁問題で久我建通(こが-たけみち),岩倉具視(ともみ)らとともに尊攘(そんじょう)派から排斥され,文久2年辞官,落飾。王政復古で還俗(げんぞく),宮内大丞などをつとめた。従三位。明治2年11月3日死去。55歳。法号は自観。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

千種有文 (ちぐさありふみ)

生年月日:1815年7月16日
江戸時代末期の公家
1869年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android