コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千種有功 ちぐさ ありこと

4件 の用語解説(千種有功の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

千種有功

江戸後期の公卿・歌人。号は千々迺舎・鶯蛙園・在琴。有条の子。有栖川宮織仁親王久世通理に入門する。四条派の画、書を能くした。正三位右近衛権中将に至る。安政元年(1854)歿、58才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちくさ‐ありこと【千種有功】

[1797~1854]江戸後期の歌人。京都の人。号は千千廼舎(ちぢのや)。左近衛権中将に至り、堂上派に属したが、香川景樹らと交わって、新風の和歌を志した。歌集「千千廼舎集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千種有功 ちぐさ-ありこと

1797-1854 江戸時代後期の公卿(くぎょう),歌人。
寛政9年11月9日生まれ。正三位,左近衛(さこんえの)権(ごんの)中将。歌を一条忠良(ただよし),飛鳥井(あすかい)家にまなび,香川景樹(かげき),賀茂季鷹(かもの-すえたか)らとまじわる。嘉永(かえい)7年8月28日死去。58歳。通称は橘蔭道。号は鶯蛙園,在琴,千々迺舎(ちぢのや)。歌集に「和漢草(わかくさ)」「日枝(ひえ)の百枝(ももえ)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ちぐさありこと【千種有功】

1797~1854) 江戸末期の歌人。本姓は源。号は千々迺舎ちぢのや。堂上家に生まれ、正三位権中将。香川景樹らと交わり、堂上派を脱した歌風を示した。歌集「千々迺舎集」「ふるかゞみ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千種有功の関連キーワード五辻順仲清水谷公正船橋則賢沢宣維山本公逵新井稲亭小田昂斎黄谷東園基辰三木隆盛

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone