コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千種有功 ちぐさ ありこと

美術人名辞典の解説

千種有功

江戸後期の公卿歌人。号は千々迺舎・鶯蛙園・在琴。有条の子。有栖川宮織仁親王久世通理に入門する。四条派の画、書を能くした。正三位右近衛権中将に至る。安政元年(1854)歿、58才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちくさ‐ありこと【千種有功】

[1797~1854]江戸後期の歌人。京都の人。号は千千廼舎(ちぢのや)。左近衛権中将に至り、堂上派に属したが、香川景樹らと交わって、新風和歌を志した。歌集「千千廼舎集」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千種有功 ちぐさ-ありこと

1797-1854 江戸時代後期の公卿(くぎょう),歌人。
寛政9年11月9日生まれ。正三位,左近衛(さこんえの)権(ごんの)中将。歌を一条忠良(ただよし),飛鳥井(あすかい)家にまなび,香川景樹(かげき),賀茂季鷹(かもの-すえたか)らとまじわる。嘉永(かえい)7年8月28日死去。58歳。通称は橘蔭道。号は鶯蛙園,在琴,千々迺舎(ちぢのや)。歌集に「和漢草(わかくさ)」「日枝(ひえ)の百枝(ももえ)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちぐさありこと【千種有功】

1797~1854) 江戸末期の歌人。本姓は源。号は千々迺舎ちぢのや。堂上家に生まれ、正三位権中将。香川景樹らと交わり、堂上派を脱した歌風を示した。歌集「千々迺舎集」「ふるかゞみ」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

千種有功の関連キーワード大田垣蓮月館源右衛門佐々木了綱長利仲聴広瀬厳雄若江薫子千種有文高畠式部真鍋豊平那須資礼村崎宗粛久我建通清水浜臣税所敦子関橋守堂上家館通因千種

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android