コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久我建通 こが たけみち(たてみち)

美術人名辞典の解説

久我建通

公卿・勤王家。号は崖君・既酔、法号素堂通明の子。京都生、東京住。千種有功に和歌を学び、また絵も能くした。内大臣に進むが公武合体に尽力した為、蟄居・落飾を命ぜられる。維新後、賀茂神社大宮司・宸翰御用掛・大教正を務めた。明治36年(1903)歿、89才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久我建通 こが-たてみち

こが-たけみち

久我建通 こが-たけみち

1815-1903 幕末-明治時代の公卿(くぎょう),神職。
文化12年2月1日生まれ。一条忠良の子。久我通明の養子。権(ごんの)大納言,議奏をへて,文久2年(1862)内大臣。和宮降嫁に尽力して「四奸」のひとりとみなされ,辞官,出家を命じられた。王政復古でゆるされ,維新後は宮内省御用掛や賀茂(かも)神社などの宮司(ぐうじ)をつとめた。明治36年9月28日死去。89歳。名は「たてみち」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久我建通の関連キーワード富小路敬直春日 潜庵滋野井実在久我 通久姉小路公知安政の大獄一条忠香九条尚忠春日潜庵久我通久岩倉具視愛宕通旭千種有文

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android