コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久我建通 こが たけみち(たてみち)

3件 の用語解説(久我建通の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

久我建通

公卿・勤王家。号は崖君・既酔、法号は素堂。通明の子。京都生、東京住。千種有功に和歌を学び、また絵も能くした。内大臣に進むが公武合体に尽力した為、蟄居・落飾を命ぜられる。維新後、賀茂神社大宮司・宸翰御用掛・大教正を務めた。明治36年(1903)歿、89才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久我建通 こが-たてみち

こが-たけみち

久我建通 こが-たけみち

1815-1903 幕末-明治時代の公卿(くぎょう),神職。
文化12年2月1日生まれ。一条忠良の子。久我通明の養子。権(ごんの)大納言,議奏をへて,文久2年(1862)内大臣。和宮降嫁に尽力して「四奸」のひとりとみなされ,辞官,出家を命じられた。王政復古でゆるされ,維新後は宮内省御用掛や賀茂(かも)神社などの宮司(ぐうじ)をつとめた。明治36年9月28日死去。89歳。名は「たてみち」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

久我建通の関連キーワード野宮定功園基祥竹屋光昭地下の公卿飛鳥井雅望麻見義修岸田稲処高橋音吉萩原員光松尾月山

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone