コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉荘 ちばのしょう

百科事典マイペディアの解説

千葉荘【ちばのしょう】

下総国千葉郡にあった同国最大の荘園。現千葉市全域に展開したとみられる。千葉大夫常兼の開発領地を,子常重が12世紀前半に鳥羽院に寄進して成立したと推定される。平安末期には鳥羽院皇女八条院領で,皇室領として鎌倉末期まで相伝された。
→関連項目千葉常胤

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

千葉荘の関連キーワード坂東八平氏千葉氏地頭請所

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android