コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下総国 しもうさのくに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下総国
しもうさのくに

現在の千葉県北部と茨城県の一部。東海道の一国。大国。『古語拾遺』によれば,初め総国 (ふさのくに) と称したが,のち上総 (かずさ) と下総とに分れたという。『和名抄』では上総を「かみつふさ」,下総を「しもつふさ」と読んでいる。「ふさ」とは麻のことで,よい麻が生産されるところとして,四国の阿波国から忌部氏が海路ここに移ったものとみられる。『旧事本紀』には印波 (いんば) 国造,下海上 (しもつうなかみ) 国造,『日本後紀』には千葉国造とある。国府,国分寺は市川市におかれた。『延喜式』には,葛餝 (かとしか) ,印旛,匝瑳 (さふさ) ,海上,香取,埴生 (はにふ) ,相馬,猿嶋 (さしま) ,結城,豊田の郡があり,『和名抄』には 87郷,田2万 6432町と載せている。平安時代中期以降,桓武平氏は関東にその勢力を伸ばしたが,ことに平将門は当国猿嶋郡を,また平忠常は相馬郡を本拠地として威をふるい,ついに反乱を起すにいたった。忠常の子孫は千葉氏として当国に重きをなし,鎌倉時代初期,千葉常胤が,石橋山の戦いに敗れて安房国に逃れた源頼朝を迎え,鎌倉幕府創立に協力した。その結果,鎌倉時代から室町時代にわたって千葉氏が守護として当国を支配したが,豊臣秀吉のときに徳川家康が江戸に入ると,千葉氏の支配は終った。江戸時代には佐倉,生実 (おいみ) ,関宿,結城,古河,高岡,小見川,多古,臼井などの小藩が分立した。明治4 (1871) 年廃藩置県で7月に藩は県となったが,11月に印旛県と新治県に合併され,のち 1873年印旛県は千葉県に,さらに 75年新治県は茨城県に編入された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しもうさ‐の‐くに〔しもふさ‐〕【下総国】

下総

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

下総国【しもうさのくに】

旧国名。東海道の一国。現在の千葉県北部,茨城県南西部,埼玉県東部など。古くは総(ふさ)の国といい,7世紀後半に上・下に分かつ。当時大和(やまと)からは,箱根を越えると相模(さがみ),武蔵(むさし)を通らず,海路安房(あわ)に着き,上総(かずさ)を経て下総に至った。
→関連項目茨城[県]葛西御厨関東地方下河辺荘千葉[県]千葉荘東京[都]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

しもうさのくに【下総国】

現在の千葉県北部、茨城県南西部、埼玉県東部、東京都東部を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で東海道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は大国(たいこく)で、京からは遠国(おんごく)とされた。国府は現在の市川(いちかわ)市国府台(こうのだい)、国分寺は同市国分(こくぶん)におかれていた。平安時代に桓武(かんむ)平氏がこの地を支配し、猿島(さしま)郡(茨城県南西部)を本拠とする平将門(たいらのまさかど)の乱、相馬(そうま)郡(茨城県南部、千葉県北部)を基盤とする平忠常(ただつね)の乱などが起きた。その後、忠常の子孫の千葉氏が勢力をもち、源頼朝(みなもとのよりとも)の挙兵を助け、守護となった。室町時代末期には里見氏、後北条(ごほうじょう)氏が進出。江戸時代には佐倉藩古河(こが)藩結城(ゆうき)藩など小藩が分立した。野田醤油(しょうゆ)、結城紬(つむぎ)などで知られ、苛政とたたかった義民佐倉惣五郎(そうごろう)も知られる。1871年(明治4)の廃藩置県により印旛(いんば)県、新治(にいばり)県がつくられた。1873年(明治6)に印旛県は木更津(きさらづ)県と合併して千葉県となり、1875年(明治8)に新治県は千葉と茨城の2県に分割編入された。◇北総(ほくそう)ともいう。また、上総(かずさ)国と合わせ総州(そうしゅう)ともいう。

出典|講談社藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しもうさのくに【下総国】

旧国名。総州。現在の千葉県北部と茨城県南西部および埼玉県東部。
【古代】
 東海道に属する大国(《延喜式》)。古くは〈ふさ(総)〉といい,7世紀後半の令制国の建置にともなって下総国と上総(かずさ)国が成立した。〈ふさ〉の地域は《国造本紀》によれば,成務朝に須恵(すえ),馬来田(うまくた),上海上(かみつうなかみ),伊甚(いしみ),武社(むさ),菊麻(くくま),阿波(あわ)の国造が,応神朝に印波(いんは),下海上(しもつうなかみ)の国造が定まったと伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下総国
しもうさのくに

千葉県北部と茨城県南西部、埼玉県東端部にわたる旧国名。東海道の一国。大国。北は常陸(ひたち)国、南は上総(かずさ)国、西は武蔵(むさし)国に接する。『古語拾遺(こごしゅうい)』(807)によれば、初め「ふさ(総)の国」、大化改新により上総と下総の2国に分かれた。「ふさ」とは麻のことであり、ふさの国はよい麻を産する所の意味である。『和名抄(わみょうしょう)』(931~938ころ)では下総を「しもつふさ」とよんでいる。ところで、国造(くにのみやつこ)については『先代旧事本紀(せんだいくじほんぎ)』(平安初期)には、印波(いんば)国造、下海上(しもつうなかみ)国造、『日本後紀(にほんこうき)』(840)には千葉国造とある。『延喜式(えんぎしき)』(927)によれば、郡は千葉(ちば)、葛餝(かつしか)、印播(いんば)、埴生(はにゅう)、匝瑳(そうさ)、海上(うなかみ)、香取(かとり)、相馬(そうま)、結城(ゆうき)、豊田(とよだ)(さしま)の11郡から構成された。1985年現在千葉、市川、習志野(ならしの)、流山(ながれやま)、野田、柏(かしわ)、我孫子(あびこ)、鎌ヶ谷(かまがや)、船橋、八千代(やちよ)、松戸(まつど)、成田(なりた)、四街道(よつかいどう)、八日市場(ようかいちば)、旭(あさひ)、佐倉、佐原(さわら)、銚子(ちょうし)(以上千葉県)、結城、古河(こが)、取手(とりで)、水海道(みつかいどう)、岩井(以上茨城県)、三郷(みさと)(埼玉県)のあわせて24市と、東葛飾(ひがしかつしか)、印旛(いんば)、香取、海上(かいじょう)、匝瑳(以上千葉県)、北相馬、結城、猿島(さしま)(以上茨城県)、北葛飾(埼玉県)のあわせて9郡に分かれる。改新後に置かれた国府はいまの市川市国府台(こうのだい)、国分寺は市川市国分(こくぶ)に置かれた。『和名抄』には下総国内の郷数87、田2万6423町とある。
 平安時代中期以降、桓武(かんむ)平氏は関東にその勢力を伸ばした。ことに平将門(まさかど)は当国猿島郡を、また平忠常(ただつね)は相馬郡を本拠として威を振るい、ついには反乱を起こすに至った。忠常の子孫は千葉氏として、当国を勢力地盤として大いに実力を発揮するに至った。1180年(治承4)石橋山の戦いに敗れた源頼朝(よりとも)は安房(あわ)に逃れたが、千葉常重(つねしげ)の子常胤(つねたね)は進んで頼朝のもとに参陣した。以後、千葉氏は鎌倉御家人(ごけにん)として着実に勢力を伸ばし、歴代は下総国の守護を勤めた。そのほか、結城氏、葛西(かさい)氏らの豪族の活躍も見逃せない。
 下総国内のおもな荘園(しょうえん)をみると、匝瑳郡に三井寺(みいでら)領玉造(たまつくり)荘、熊野山領匝瑳南条(なんじょう)荘、香取郡に円覚寺領大須賀保(おおすがのほう)、千葉郡には八条院領千葉荘、葛飾郡に伊勢(いせ)二宮領葛西御厨(かさいのみくりや)、八条院・称名寺(しょうみょうじ)領下河辺(しもこうべ)荘、豊田郡に按察使(あぜち)家領豊田荘、相馬郡に伊勢内宮(ないくう)領相馬御厨、海上郡に九条家領三崎(みさき)荘、二位大納言(だいなごん)領橘(たちばな)荘、印旛郡に成就寺(じょうじゅじ)領印東(いんとう)荘が分布した。
 13世紀の初めに安房国に生まれた僧日蓮(にちれん)は日蓮宗の開祖であるが、下総武士団との関係は深く、1260年(文応1)念仏者により庵室(あんしつ)を焼かれて下総若宮(わかみや)(市川市)の富木胤継(ときたねつぐ)(常忍(じょうにん))の館(やかた)に身を寄せた。この富木氏の邸が中山門流発展の基となった。日蓮が執権(しっけん)北条時頼(ときより)に呈した『立正安国論』の自筆本が中山法華経寺(ほけきょうじ)にある。
 戦国時代には足利成氏(しげうじ)が古河(こが)にあって、古河公方(くぼう)と称した。一方、房総南部を拠点とした里見氏や、後北条(ごほうじょう)氏らが当国にも逐次勢力を扶植するようになった。1590年(天正18)小田原合戦により千葉氏は後北条氏とともに滅亡し、徳川家康の勢力が急速に当国を席巻(せっけん)した。その結果、佐倉、関宿(せきやど)、古河の各藩のほか、結城、小見川(おみがわ)、多古(たこ)などの小藩が分立した。佐倉藩は、武田―松平―小笠原(おがさわら)―土井―石川―松平(形原(かたはら))―堀田(ほった)―松平(大給(おぎゅう))―大久保―戸田―稲葉―松平(大給)の諸氏が相次ぎ入封、1746年(延享3)以後は後期堀田氏が入封して定着した。関宿藩は松平(久松)―松平(能見(のみ))―小笠原―北条―牧野―板倉―久世(くぜ)―牧野―久世の各氏が、古河藩は小笠原―松平(戸田)―小笠原―奥平―永井―土井―堀田―松平(藤井)―松平(長沢・大河内(おおこうち))―本多―松平(松井)―土井の各氏が続いて明治に至った。
 当国は江戸の御膝元(おひざもと)であったので、軍事上からも江戸の防衛線の重要な一環を形成し、譜代(ふだい)大名(石高(こくだか)の規模は零細を特色)、旗本知行(ちぎょう)、代官領が錯綜(さくそう)し、原則として佐倉藩領の城付(しろつき)領などを除くほかは、支配形態は一般的に相給(あいきゅう)の犬牙(けんが)錯綜の地であり、しかも個別領主の交替も頻繁であった。当国の検地(太閤(たいこう)検地)は1591年(天正19)から翌年に断行された。1702年(元禄15)における当国の総石高56万8331石1斗1升3合7勺4才、村数1486か村であった。これより先、佐倉藩に起こった佐倉惣五郎(そうごろう)事件は歴史上著名であり、人物としては、農民・商人から勉学を続け「大日本沿海輿地(よち)全図」を完成した伊能忠敬(いのうただたか)(出身は上総国、18歳で下総国佐原村伊能家へ養子)がよく知られる。産業は、近世以降、銚子(ちょうし)・野田の醤油(しょうゆ)醸造、行徳(ぎょうとく)の塩田が栄え、紀州漁民の進出で漁業も発展した。結城の紬(つむぎ)も古くから有名。1871年(明治4)7月廃藩置県により当国は印旛県、新治(にいはり)県の管轄、73年印旛・木更津(きさらづ)両県が合併して千葉県となり、75年新治県に属した地域を利根(とね)川を境界として千葉・茨城両県に分割、現在に至っている。なお、葛飾郡の一部は71年および75年に埼玉県に編入された。[川村 優]
『『千葉県史 明治編』(1962・千葉県) ▽川村優編『郷土史事典12 千葉県』(1979・昌平社) ▽川村優他編『千葉県の歴史』(1971・山川出版社) ▽川村優他編『千葉県地名大辞典』(1984・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

下総国の関連キーワード瀬川 如皐(4代目)相馬と千葉のつながり紀伊国屋長右衛門伊藤 広之助斎藤 孝治服部 耕雨渡辺 嘉重中島 観琇泉水 宗助亀田 鴬谷結城家法度五雲亭貞秀渡辺 雷奥原晴湖東金街道木村正辞藤原玄明板倉重宗奥原節女足利義明

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下総国の関連情報