コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉常胤 ちばつねたね

7件 の用語解説(千葉常胤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千葉常胤
ちばつねたね

[生]元永1(1118).5.24.
[没]建仁1(1201).3.24. 鎌倉
鎌倉幕府草創期の重臣。父は下総介平常重。母は平政幹 (まさもと) の娘。治承4 (1180) 年9月石橋山の戦いに敗れた源頼朝が関東の諸豪族を招いたのに応じ,同年9月 17日三百余騎の軍勢を率いて下総国府に参向。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

千葉常胤【ちばつねたね】

鎌倉幕府創立期の武将。千葉介・下総権介などと称する。父は平常重,母は常陸の豪族平政【もと】(まさもと)の女,妻は武蔵の豪族秩父重弘の娘。千葉荘相馬(そうま)御厨などに所領を有した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉常胤 ちば-つねたね

1118-1201 平安後期-鎌倉時代の武将。
元永元年5月24日生まれ。千葉常重(つねしげ)の長男。治承(じしょう)4年源頼朝の挙兵に応じ,御家人の筆頭として重んじられ,鎌倉幕府の成立に貢献。その功により下総(しもうさ)守護に任じられ,下総,上総(かずさ),肥前,豊前(ぶぜん),陸奥(むつ)などに所領をあたえられた。建仁(けんにん)元年3月24日死去。84歳。通称は千葉介。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

千葉常胤

没年:建仁1.3.24(1201.4.28)
生年:元永1.5.24(1118.6.14)
鎌倉前期の御家人。常重の嫡子。母は平政幹の娘。長承4(1135)年2月,常重から上総国相馬御厨を伝領。しかし,こののち国守藤原親通や源義朝の介入によって支配権は安定しなかった。保元の乱に源義朝の軍に属したのは,在地支配権維持のため,義朝と主従関係を結んだ結果とみられる。しかし,平治の乱で義朝が滅亡すると,相馬御厨は隣国常陸の佐竹氏の領有に帰し,また藤原親通の孫で下総千田庄に居住していた親正が平家と結んで勢力を拡大したため,千葉氏の所領は本領千葉庄のほか葛飾郡国分寺・上総国山辺北郡堺郷にすぎなくなった。平氏政権下,平家と二重の姻戚関係を結んだ藤原親正は千葉氏と同じ両総平氏一族の原・金原氏などを配下におさめ,いよいよ千葉氏を圧迫した。こうした状況下で,治承4(1180)年8月,伊豆で源頼朝が反平家の兵を挙げると,一族をあげて積極的にこれに応じ,平家方の下総目代を討ち,上総広常の来援をえて藤原親正の軍にも勝利した。その後,木曾義仲・平家追討には一族を率いて源範頼の軍に属し,壇ノ浦合戦後も鎮西守護人として九州にとどまり,戦後処理に当たった。この間,寿永2(1183)年12月に上総広常が頼朝に誅殺されたことにより,実質的に両総平氏族長の地位も確立している。文治3(1187)年8月,上洛して京中の狼藉を鎮め,同5年の奥州藤原氏追討の際は東海道大将軍として出陣した。これらの勲功によって,下総・上総はもとより,薩摩,肥前,豊前,陸奥などの各地に多くの所領を獲得し,下総守護に補された。頼朝の信頼はきわめて厚く,御家人の筆頭として奥州合戦には勲功の賞を最前に拝領した。また年頭の椀飯沙汰(祝儀の品を添えて椀飯を献ずる儀礼)も常胤が最初に務めるのが恒例であった。鎌倉幕府の草創と千葉氏発展の基礎を固めた人物として後世においても尊崇され,千葉氏や両総平氏一族の子孫は「胤」の字を名の通字に用いて同族内の紐帯とした。<参考文献>福田豊彦『千葉常胤』,野口実『坂東武士団の成立と発展』,同『鎌倉の豪族Ⅰ』

(野口実)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちばつねたね【千葉常胤】

1118‐1201(元永1‐建仁1)
鎌倉幕府創立期の武将。父は下総権介平常重,母は常陸の豪族平政(幹)の娘,妻は武蔵の豪族秩父重弘の娘。下総権介。千葉荘検非違所,相馬御厨(そうまのみくりや)下司職のほか立花郷(東荘(とうのしよう))にも所領をもち,平安末期から千葉亥ノ鼻(いのはな)台の館に住む。保元の乱に源義朝に属し,1180年(治承4)9月,石橋山の合戦で敗れた源頼朝が房総に逃れるとこれに応じ,富士川の合戦で平維盛の軍を破った頼朝が上洛しようとしたとき,東国経営の重要性を説いてその後の幕府の創立に貢献。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちばつねたね【千葉常胤】

1118~1201) 鎌倉初期の武将。常重の子。下総守護。千葉介と称す。源頼朝の挙兵に一族を率いて参加、幕府創設に功を成した。東国御家人の重鎮。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千葉常胤
ちばつねたね
(1118―1201)

鎌倉幕府草創期の武将。元永(げんえい)元年5月24日生まれ。父は良文(よしぶみ)流平氏下総権介(しもうさごんのすけ)常重(つねしげ)、母は常陸(ひたち)の豪族平政(たいらのまさもと)の娘。下総国千葉に住し、下総権介、千葉荘検非違所(しょうけびいしょ)、相馬御厨下司職(そうまみくりやげししき)のほか、立花郷(東庄(とうのしょう))などを継承。保元(ほうげん)の乱に源義朝(みなもとのよしとも)に属して参戦。1180年(治承4)9月、石橋山で敗れた源頼朝(よりとも)の房総での再起を援(たす)けて以後、源平合戦、奥州合戦などに出陣、鎌倉幕府の成立に貢献し、下総守護職はじめ、肥前、薩摩(さつま)、美濃(みの)、陸奥(むつ)などに多くの所領を得て、千葉氏発展の基礎を固めた。
 素朴で誠実な人物で、つねに御家人(ごけにん)の筆頭として頼朝に重んじられ、毎年年頭の(おうばん)(将軍に奉る祝膳(しゅくぜん))などを勤めた。頼朝の死後、1199年(正治1)に梶原景時(かじわらのかげとき)弾劾の署名に加わり、翌年正月の飯を勤めたが、建仁(けんにん)元年3月24日、82歳で死去。千葉市大日寺(だいにちじ)に五輪塔がある。妻は武蔵(むさし)の豪族秩父(ちちぶ)重弘(しげひろ)の娘。男子6人あり、嫡子胤正(たねまさ)は千葉介として本宗家を継ぎ、師常(もろつね)は相馬(そうま)、胤盛(たねもり)は武石(たけいし)、胤信(たねのぶ)は大須賀(おおすが)、胤通(たねみち)は国分(こくぶ)、胤頼(たねより)は東(とう)氏の祖となり、それぞれに発展する。[福田豊彦]
『福田豊彦著『千葉常胤』(1973・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の千葉常胤の言及

【上総国】より

…旧国名。現在の千葉県の一部で,房総半島の北部を占める。
【古代】
 東海道に属する大国(《延喜式》)。古くは〈ふさ(総)〉といい,7世紀後半の令制国の建置にともなって,上総国と下総国が成立した。〈ふさ〉の地域は,《国造本紀》によれば,成務朝に須恵(すえ),馬来田(うまくた),上海上(かみつうなかみ),伊甚(いしみ),武社(むさ),菊麻(くくま),阿波の国造が,応神朝に印波,下海上(しもつうなかみ)の国造が定まったと伝える。…

【相馬御厨】より

…常重の寄進状によると伊勢神宮へ寄進するに際して,荒木田延明を口入神主とし,供祭物として田畠地利上分と土産のサケを奉納し,加地子職ならびに下司職は子孫の相伝とする旨を記している。常重の子が鎌倉幕府創設の功臣千葉常胤であるが,彼が地主職を伝領したのは35年(保延1)2月であった。翌年7月国司藤原親通は伊勢神宮領であることを認めず,公田と称し官物未進の罪で常重を捕らえた。…

※「千葉常胤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

千葉常胤の関連キーワード御家人畠山重保御家人株御家人役貞次千葉胤正千葉常秀中原季時湯浅宗光当参の御家人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千葉常胤の関連情報