コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千観 せんかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千観 せんかん

918-984* 平安時代中期の僧。
延喜(えんぎ)18年生まれ。天台宗。園城(おんじょう)寺で出家。のち摂津箕面(みのお)山(大阪府)に隠遁し,摂津安満(あま)(大阪府)金竜寺にすんだ。もっぱら浄土往生の行にはげみ,「極楽和讃」をつくり,民衆をみちびいた。永観元年12月13日死去。66歳。俗姓は橘(たちばな)。著作に「十願発心記」「八箇条起請」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

千観

没年:永観1.12.13(984.1.18)
生年:延喜18(918)
平安中期の天台宗の僧。橘敏貞の子。浄土教の民衆布教のため『阿弥陀和讃』を作り,応和3(963)年,宮中の清涼殿で行われた南都・北嶺の高僧による応和宗論に選ばれたが,これを固辞したことなどで有名。はじめ運昭に師事して顕密の学を学び,やがて摂津国箕面(大阪府箕面市)に隠遁して学問と往生行に専念し,さらに同国島上(高槻市)金竜寺に移住し,天禄1(970)年,行誉に三部大法を受けた。彼は,念誦読経を怠らぬこと,専ら興法利生,往生極楽を願うべきこと,戒律を護るべきことなど8カ条から成る制戒や『十願発心記』を著し,都鄙の老若男女が愛唱したという上記の『和讃』を作って上下に浄土教を広めたが,自身も往生極楽の夢想を得,没後は,彼を師と仰ぐ権中納言藤原敦忠の娘の夢に現れ,極楽往生の様を示したという。<参考文献>井上光貞『日本浄土教成立史の研究』

(小原仁)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の千観の言及

【和讃】より

…当時の作品として明証のあるものは少なく,詳細は判明していないが,法会の中で,声明(しようみよう)の旋律に乗せて諷誦したのが人々の共感を得たらしい。《今昔物語集》は,空也の弟子千観(918‐983)が〈阿弥陀ノ和讃ヲ造ル事,廿余行也,京・田舎ノ老小・貴賤ノ僧,比ノ讃ヲ見テ,興ジ翫テ,常ニ誦スル〉と伝えている。平安末期になると,和讃はさらに発達する。…

※「千観」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

千観の関連キーワード京都府京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町荘子女王井上光貞瀧安寺実因