コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王建 おうけんWang Jian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王建
おうけん
Wang Jian

[生]?
[没]太和4(830)?
中国,中唐の詩人。潁川 (河南省許昌) の人。字,仲初。大暦 10 (775) 年進士に及第,渭南 (陝西省) の尉となった。その後太府寺丞,秘書丞,侍御史を歴任して,太和年間に陝州 (河南省) の司馬となり,また辺境に従軍したこともある。韓愈の門下で,白居易,劉禹錫とも交際があった。楽府 (がふ) にすぐれ,友人の張籍とともに「張王楽府」と称され,なかには人民の苦しみをうたった作もある。宮女の生活をうたった『宮詞』が特に有名。花蕊 (かずい) 夫人,宋の王珪 (おうけい) の宮詞と合せた『三家宮詞』がある。詩集『王建詩集』 (10巻) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

王建【おうけん】

朝鮮の高麗(こうらい)王朝の創始者(太祖)。新羅(しらぎ)末期の動乱に挙兵,918年高麗を建国,開城に都した。935年新羅を合わせ,936年後百済(ごくだら)を滅ぼして半島を統一。
→関連項目太祖

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうけん【王建 Wáng Jiàn】

847‐918
中国,五代前の建国者。在位907‐918年。廟号は高祖。字は光図。許州舞陽(河南省舞陽県)の人。若いときは無頼の徒で,塩の密売などに従事し,〈賦王八〉とよばれていた。のちに忠武軍の兵卒ついで隊将となり,黄巣の討伐に参加。蜀に逃れていた唐の僖宗のもとに赴いて喜ばれ,観軍容使の宦官田令孜(でんれいし)(?‐893)の養子にされた。みずから求めて西川監軍となった田令孜に代わって,観軍容使となった楊復恭によって,四川の壁州刺史に任じられた王建は,亡命者などを糾合して勢力を築き,891年(大順2),成都によっていた西川節度使陳敬瑄と監軍の田令孜らを殺し,ついに唐から西川節度使に任ぜられた。

おうけん【王建 Wáng Jiàn】

?‐830?
中国,中唐の詩人。字は仲初。潁川(河南省)の人。大暦10年(775),進士に及第。官は陝州司馬に至った。韓愈と忘年の友の交わりを結んだ。友人の張籍とともに,楽府(がふ)体の詩にすぐれ,白居易らの新楽府運動と密接な関連をもつ。宮中の様子をうたった七言絶句〈宮詞〉100首を代表作とするが,民衆の生活に取材した作品も異彩をはなつ。《王建詩集》9巻が伝わる。【荒井 健】

おうけん【王建 Wang Kŏn】

877‐943
朝鮮,高麗王朝の創始者,太祖。在位918‐943年。祖先についてははっきりしないが,松岳(開城)地方に一定の勢力基盤をもち,海上貿易にも関係していた家系らしい。新羅末期,反乱軍の一首領弓裔(きゆうえい)に帰順してその部下となった。弓裔の部将として早くから軍事的才能を発揮したが,特に水軍活動において目ざましく,後三国期に弓裔の後高句麗国が西南海の海上権を掌握できたのは,もっぱら彼の功績による。909年に海軍大将軍となり,913年には侍中(首相)となったが,専制君主弓裔が暴君と化するや,918年,弓裔を放逐した諸将の推戴を受けて年号を天授と定め,王位についた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おうけん【王建】

877~943) 朝鮮、高麗こうらいの建国者(在位918~943)。廟号びようごうは太祖。新羅しらぎ末の混乱期に後高句麗ごこうくりの水軍を率いて活躍。豪族の支持を受けて即位。935年新羅を併せ、翌年、後百済を破り朝鮮を統一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の王建の言及

【蜀】より

…891‐925年。軍卒より身を起こした王建が四川に建てた国。王建は891年(大順2)に西川節度使となり,東川,山南西道,さらに荆南の一部をも併せて自立化を強め,907年(天祐4)に唐が滅ぶと,みずから帝位につき国号を蜀と号した。…

【前蜀王建墓】より

…中国,四川省成都市の西郊にある五代の前蜀王,王建の墓。永陵という。…

【宮詞】より

…風俗資料としても興味深い。8~9世紀,中唐の王建が宮詞100首を作って評判となり,以後ひとつの伝統となった。五代のとき蜀の王妃花蕊(かずい)夫人が,ついで北宋の王珪がやはり宮詞100首を作り,明末に王建と合わせ《三家宮詞》として刊行された(毛晋,汲古閣)。…

【開城】より

…しかし,国境の軍事的要塞地帯にあるため,大規模な工業は開発されず,休戦線以北の旧京畿道地域の1市3郡からなる開城地区の行政・教育の中心地として,各種の地方委員会と学校などが集中した地方都市となっている。
[歴史]
 新羅時代末に台頭してきた地方豪族,王建の根拠地であり,彼が高麗王朝を創建した翌年の919年から約470年間その王都として栄えた。北方に標高488mの松岳山があるところから松岳,松都等の名で呼ばれていたが,995年開城と命名され今日に至っている。…

【高麗】より

…後期は元の支配下で苦しむ中で反元運動が進展し,また次代をになうべき新進の官僚層が生まれた時期である。
[前期]
 高麗王朝をおこした王建は松岳(開城)地方の豪族で,初めは泰封の弓裔(きゆうえい)の部将として活躍したが,やがて弓裔を倒して王となり,高句麗の後継者であることを自任して国を高麗と号し(918),翌年,松岳を都にした。当時,新羅は慶州周辺で余命を保っただけであり,南西部は後百済が支配し,また諸方に豪族が割拠していた。…

【朝鮮】より

…ところが新羅の支配力が衰えはじめる9世紀になると,各地で豪族が台頭してくる。そして彼らは,後三国(新羅,後百済,後高句麗)の内乱期を経る中でいっそうの成長をみせるが,後三国を再統一して高麗王朝を立てた王建も,このような地方豪族の一人であった。王建は各地の有力な豪族と積極的に姻戚関係を結び,彼らの力を借りながら,全国を再統一したのである。…

※「王建」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

王建の関連キーワード開城の歴史的建造物と遺跡沿海地区経済発展戦略王建(中国)太祖(高麗)王建(朝鮮)前蜀王建墓宮崎青谷王建墓敬順王劉禹錫朝鮮史杜光庭陝西省西京道詵豪族即位百済海州法円

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

王建の関連情報