コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千里の行も足下に始まる センリノコウモソッカニハジマル

デジタル大辞泉の解説

千里(せんり)の行(こう)も足下(そっか)に始(はじ)まる

《「老子」六四から》遠い旅路も足もとの第一歩を踏み出すことから始まる。どんな遠大な事業も手近なところから始まるというたとえ千里の道も一歩より始まる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんりのこうもそっかにはじまる【千里の行も足下に始まる】

〔老子〕
遠い旅路も一歩進むことから始まるように、遠大な仕事も手近な物事から始まる。千里の行も一歩より起こる。千里の道も一歩から。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android