千里の行も足下に始まる(読み)センリノコウモソッカニハジマル

デジタル大辞泉の解説

千里(せんり)の行(こう)も足下(そっか)に始(はじ)まる

《「老子」六四から》遠い旅路も足もとの第一歩を踏み出すことから始まる。どんな遠大な事業も手近なところから始まるというたとえ千里の道も一歩より始まる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんりのこうもそっかにはじまる【千里の行も足下に始まる】

〔老子〕
遠い旅路も一歩進むことから始まるように、遠大な仕事も手近な物事から始まる。千里の行も一歩より起こる。千里の道も一歩から。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android