コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千鶴庵万亀 せんかくあん ばんき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千鶴庵万亀 せんかくあん-ばんき

?-? 江戸時代後期の戯作(げさく)者,狂歌師。
江戸桜田久保町にすみ,狂歌は七珍万宝(しっちん-まんぽう)の社中。文化(1804-18)ごろの人。通称は松井屋吉右衛門。別号に千客亭万亀。作品に読み本「久智野石文(くちのいしぶみ)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone