七珍万宝(読み)シッチンマンポウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

七珍万宝 しっちん-まんぽう

1762-1831 江戸時代後期の戯作(げさく)者,狂歌師。
宝暦12年生まれ。江戸芝の菓子商。初代森羅万象(しんら-ばんしょう)(桂川甫粲(ほさん))にまなび,おおくの黄表紙,洒落(しゃれ)本を発表。のち鹿都部真顔(しかつべの-まがお)に師事し,狂歌に専念した。天保(てんぽう)2年7月26日死去。70歳。姓は樋口。通称は仁左衛門。屋号は福島屋。別号森羅万象(2代),南湖子,孤鳶亭。作品に黄表紙「海中箱入娘」「御存夜討蕎麦」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しっちんまんぽう【七珍万宝】

〔「まんぽう」は古くは「まんぼう」〕
〘仏〙 七宝と多くのたからもの。 「家々の日記、代々の文書、-さながら塵灰となりぬ/平家 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android