コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半日周潮 はんにちしゅうちょうsemidiurnal tide

海の事典の解説

半日周潮

潮汐の分潮の中でほぼ半日の周期を持つものを半日周潮と呼ぶ。半日周潮の主要なものは、主太陰半日周潮(M2分潮、周期12.42時間)、主太陽半日周潮 (S2分潮、周期12.00時間)、太陰長円潮(N2分潮、周期12.66時間)、日月合成半日周潮(K2分潮、周期11.97時間)である。 (永田

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

半日周潮の関連キーワード日潮不等潮汐倍潮

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android