半色(読み)はしたいろ

色名がわかる辞典「半色」の解説

はしたいろ【半色】

色名の一つ。端色とも書く。濃いと薄い紫の中間の色をさす。平安時代、濃い紫は禁色きんじきであり、特定身分にしか許されていなかったが、薄い紫は許されていた。半色はその中間であるが、この色も許されたという。もとは、どんな色とも呼べない中途半端な色のことであったが、禁色にならない紫に人気が集まったため、紫系統をいうようになったとされる。禁色に対し誰でも着用できる色を「許色ゆるしいろ」といった。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android