コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半音階主義 はんおんかいしゅぎchromaticism

翻訳|chromaticism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

半音階主義
はんおんかいしゅぎ
chromaticism

作曲技法のうえで,半音階の使用やそれを重視する傾向をさす。ギリシア時代にその例がみられたが,その後は 16世紀のマドリガル作曲家たちに用いられるまであまり使われず,バロック期になって固執低音の音型フーガ対主題などに好んで用いられた。古典派時代には全音階主義が強く,色彩的,装飾的にのみ用いられることが多かったが,ロマン派にいたると特に感情表現と相まって重視され,広範に使用された。その結果,全音階の色彩的変化という役割をこえ,ついには機能和声の崩壊を招くにいたった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の半音階主義の言及

【半音階】より

…半音階の歴史は古く,すでに古代ギリシアでは3種のテトラコルドの一つとして存在した。中世のヘクサコルドの体系では,臨時記号の前身ともいうべきムジカ・フィクタによってその用法が徐々に拡大され,ルネサンス,バロックでは歌詞内容の大胆な表出と結びついて,いわゆる半音階主義chromaticismを生み出した。とくに極端な例は,ルネサンス後期16世紀後半のイタリアのマドリガーレ(マドリガル)にみられる。…

※「半音階主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

半音階主義の関連キーワードダラピッコラ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android