コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南アフリカ労働組合会議(読み)みなみアフリカろうどうくみあいかいぎ(英語表記)Congress of South African Trade Unions; COSATU

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南アフリカ労働組合会議
みなみアフリカろうどうくみあいかいぎ
Congress of South African Trade Unions; COSATU

南アフリカ共和国最大の労働組合連合。構成員の主体は黒人。 1985年 12月結成。 1979年の「ウィーハン委員会報告」の勧告により,南アフリカ共和国の労働運動史上初めて労働組合が正式に認められ,団体交渉権,争議権を獲得した。結成当時の規模は 33組合約 50万人で,その後 200万人以上に拡大。アパルトヘイトへの抵抗とアフリカ人労働者の産業別組織化を目指して 1990年アフリカ民族会議 ANC,南アフリカ共産党 SACPと同盟を結成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android