コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南京米 ナンキンマイ

デジタル大辞泉の解説

ナンキン‐まい【南京米】

東南アジアおよび中国などから輸入した外米。粒は細長く、粘質に乏しい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ナンキンまい【南京米】

インド・タイ・インドシナ・中国などから輸入した米の通称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の南京米の言及

【米】より

…1878‐80年の年平均1人当り消費量(酒米など主食用以外の消費もふくむ)は115kgで,国内生産量は国民の総消費量を十分まかない,わずかだが輸出もしていた(3年間の輸出総量14万t,輸入総量2万t,輸出超過量年平均4万t。輸入していたのは安い南京米)。農村ではアワ,ヒエを常食にしているところもあったし,都市でも中小工場職工の主食は〈挽割一升ノ中ニ米二合位〉〈南京米ト挽麦ト半分交ゼタルモノ〉(《職工事情》付録)という状況だった。…

※「南京米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

南京米の関連キーワード東南アジア南京袋南京イネ通称

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android