南京米(読み)ナンキンマイ

デジタル大辞泉の解説

ナンキン‐まい【南京米】

東南アジアおよび中国などから輸入した外米。粒は細長く、粘質に乏しい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ナンキンまい【南京米】

インド・タイ・インドシナ・中国などから輸入した米の通称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の南京米の言及

【米】より

…1878‐80年の年平均1人当り消費量(酒米など主食用以外の消費もふくむ)は115kgで,国内生産量は国民の総消費量を十分まかない,わずかだが輸出もしていた(3年間の輸出総量14万t,輸入総量2万t,輸出超過量年平均4万t。輸入していたのは安い南京米)。農村ではアワ,ヒエを常食にしているところもあったし,都市でも中小工場職工の主食は〈挽割一升ノ中ニ米二合位〉〈南京米ト挽麦ト半分交ゼタルモノ〉(《職工事情》付録)という状況だった。…

※「南京米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android