コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外米 ガイマイ

3件 の用語解説(外米の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がい‐まい〔グワイ‐〕【外米】

外国から輸入された米。外国米。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

がいまい【外米】

外国から輸入した米。 ↔ 内地米

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外米
がいまい

外国産の米あるいは外国から輸入した米をいう。昭和20年代、終戦後の食糧危機の際、諸外国から米が輸入されたが、世界的に多く栽培されている米はインド型で、日本産の日本型に比べ、外観や炊飯特性がかなり異なっている。そこで日本型(内地米)に対し、インド型を主とする輸入米を外米といった。
 内地米は長さと幅の比が1.7~1.8で丸くみえるのに対し、インド型の外米はその比が2以上が主で細長く感じる。この外米はチャーハン、ピラフやリゾットなどの調理、パフ(膨化)加工には適しているが、日本型米を炊飯するのと同じような方法で炊くと、ぱさぱさの粘りの少ないご飯となる。炊飯条件を変更してもおいしいご飯を炊くのはかなり困難である。この原因の一つはデンプンの違いである。
 日本以外では籾(もみ)米から一気に白米まで加工する。したがって輸送の途中、港の倉庫や船倉で管理が不十分のためカビが生え、輸入米中に黄変米が混入し、1954~1955年(昭和29~30)を中心に大きな問題となった。
 1993年(平成5)には冷夏、長雨、台風と天候不順のため、米の作柄は全国平均で平年作の74%と不作となった。そこで内地米の不足を補うため、緊急輸入された外米と内地米とのセット販売および混米の販売が行われたが、炊飯特性の異なるインド型米との混米は評判が悪かった。
 1993年の不作を除き、日本は米をほとんど自給できているが、過剰生産を防ぐために生産調整も行っている。一方、GATT(ガット、関税および貿易に関する一般協定)およびそれにかわるWTO(世界貿易機関)の協定にしたがって毎年一定量の米を輸入する義務を果たしている。[不破英次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外米の関連キーワード外国法外国米外国郵便唐木綿舶来メリケン粉輸入品外国使節生物資材準内地米

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外米の関連情報