コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南山新城碑 なんざんしんじょうひ

世界大百科事典 第2版の解説

なんざんしんじょうひ【南山新城碑】

韓国,慶尚北道慶州市近くの南山の周辺で発見された新羅時代の小石碑群の総称。現在6個が発見されており,すべて国立慶州博物館に保管されている。材質は花コウ岩で,最も大きいもので高さ約121cm,幅47cm,厚さ約10cmである。新羅の真平王13年(591)に南山に石築の山城を新たに構築したが,〈辛亥年二月廿六日南山新城作節〉(辛亥年は591年に当たる)で始まる碑文はこのときのものである。碑文によれば,工事は全国の村落ごとに〈匠尺〉〈文尺〉〈石捉人〉などの技術者人夫を徴発して進められ,各集団が負担した城壁が3年以内に崩れた場合には,担当集団はその罪をうけることが工事のはじめに誓わされている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

南山新城碑の関連キーワード吏読文字金石文

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android