コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南山新城碑 なんざんしんじょうひ

世界大百科事典 第2版の解説

なんざんしんじょうひ【南山新城碑】

韓国,慶尚北道慶州市近くの南山の周辺で発見された新羅時代の小石碑群の総称。現在6個が発見されており,すべて国立慶州博物館に保管されている。材質は花コウ岩で,最も大きいもので高さ約121cm,幅47cm,厚さ約10cmである。新羅の真平王13年(591)に南山に石築の山城を新たに構築したが,〈辛亥年二月廿六日南山新城作節〉(辛亥年は591年に当たる)で始まる碑文はこのときのものである。碑文によれば,工事は全国の村落ごとに〈匠尺〉〈文尺〉〈石捉人〉などの技術者人夫を徴発して進められ,各集団が負担した城壁が3年以内に崩れた場合には,担当集団はその罪をうけることが工事のはじめに誓わされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

南山新城碑の関連キーワード吏読文字金石文

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android