文尺(読み)モンジャク

精選版 日本国語大辞典の解説

もん‐ざし【文尺】

〘名〙 江戸時代の銭貨寛永通宝の標準型のものは直径八分(約二・四センチメートル)であるが、この長さを一区切りとした特殊な物差、すなわち八分を一文(いちもん)とするもので、足袋などの長さをはかるのに用いる。文木(もんぎ)。もんじゃく。〔律原発揮(1692)〕

もん‐じゃく【文尺】

裁縫要訣(1916)〈吉田房子〉「文尺は足袋に用ゐ、紐尺は洋服類に用ゐるものなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android