コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南普陀寺 みなみふだじ

世界の観光地名がわかる事典の解説

みなみふだじ【南普陀寺】

中国の福建省厦門(アモイシャーメン)の南海岸にあり、五老峰という山の麓に唐時代に創建された名刹。総面積3万m2もの広大な敷地に天王殿、大雄宝殿、大悲殿、蔵経閣があり、目を見張るような堂塔伽藍(がらん)で構成されている。裏山には数多くの刻石があって、清の僧侶が書いた高さ4m、幅3mの「仏」の題字は有名である。寺で出される精進料理は種類も多く、評判になっている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報