コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刻石 こくせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刻石
こくせき

石に文字を刻んだもの。主として碑の形式が整うまでの中国,および前漢時代に行われたものをさす。秦の『泰山刻石』,漢の『魯霊光殿址刻』などが著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

刻石【こくせき】

石に画像や文字を彫刻したもの。特にいまだ碑の形式をなしていないものをいうことが多い。代表例として始皇帝刻石,前漢の魯孝王刻石などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の刻石の言及

【金石文】より

…碣は碑の形をなさない立石を指す。秦の始皇帝が巡幸して各地に立てた刻石のほか,現存する石刻の最古のものとして知られる石鼓も形式の上では碣に入るため,碣の出現は戦国までさかのぼる。墓誌は墓誌銘ともいい,故人の経歴や事績を方形の石に刻して墓中に埋めたものである。…

※「刻石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

刻石の関連キーワード秋田県北秋田市阿仁根子ラ・コロンビエール大廻小廻山城跡武藤 鉄城コパン遺跡南普陀寺争坐位帖武藤鉄城中国美術朱思本石鼓文秦刻石集古録茂陵泰山金農石碑碑碣碑林琅邪

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刻石の関連情報