コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刻石 こくせき

デジタル大辞泉の解説

こく‐せき【刻石】

石に文字・絵などをきざみつけること。また、その石。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

刻石【こくせき】

石に画像や文字を彫刻したもの。特にいまだ碑の形式をなしていないものをいうことが多い。代表例として始皇帝刻石,前漢の魯孝王刻石などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の刻石の言及

【金石文】より

…碣は碑の形をなさない立石を指す。秦の始皇帝が巡幸して各地に立てた刻石のほか,現存する石刻の最古のものとして知られる石鼓も形式の上では碣に入るため,碣の出現は戦国までさかのぼる。墓誌は墓誌銘ともいい,故人の経歴や事績を方形の石に刻して墓中に埋めたものである。…

※「刻石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

刻石の関連情報