堂塔伽藍(読み)どうとうがらん

四字熟語を知る辞典「堂塔伽藍」の解説

堂塔伽藍

堂やをめぐらした寺院建物

[使用例] 唐天竺ではみづちの吐く気、伊勢の国ではなごのわたりとやら、なかぞらに夢のごとく堂塔伽藍が見えるげな[井伏鱒二*かるさん屋敷|1953]

[解説] 「伽藍」は仏道を修行するところ、寺院のこと。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「堂塔伽藍」の解説

どうとう‐がらん ダウタフ‥【堂塔伽藍】

〘名〙 寺の建物の総称。
※虎寛本狂言・布施無経(室町末‐近世初)「或は堂塔伽藍を建立し、仏に香花を手向」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android