コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南条宗鑑 なんじょう そうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南条宗鑑 なんじょう-そうかん

?-? 織豊時代の医師。
伯耆(ほうき)(鳥取県)の人。京都で医術をまなび,婦人科を得意として「宗鑑婦人方」をあらわす。また天正(てんしょう)3年(1575)「短要方」をかいた。号は一鴎軒。著作に「撮要集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

南条宗鑑の関連キーワード織豊時代伯耆

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android