コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南極環流 なんきょくかんりゅう Antarctic Circumpolar Current

3件 の用語解説(南極環流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南極環流
なんきょくかんりゅう
Antarctic Circumpolar Current

南極周極海流ともいう。南極大陸のまわりを西から東へ向う環流。流れの中心は南緯 50°~60°,流速は 0.5ノット以内で遅いが,厚さが 3000mもあるので,流量は毎秒1億tをこえる莫大な量の海流といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なんきょく‐かんりゅう〔‐クワンリウ〕【南極環流】

南極大陸の周囲を西から東へ向かって時計回りに流れる海流。流れの中心は南緯50度から60度付近にある。周南極海流環南極海流南極周極海流

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なんきょくかんりゅう【南極環流 Antarctic Circumpolar Current】

南極大陸の周りを西から東に向かって流れる海流。南極海流Antarctic Polar Current,南極周極海流,周南極海流または環南極海流とも呼ばれる。流速の最も速い位置はだいたい南緯50゜から60゜の間にある。流速は0.5ノット程度であるが,幅が広く深さは3000m以上もあるので流量が毎秒1億tにも達する大海流である。南極環流の内側の南極大陸沿いに東向きの流れがあるという報告もあるが確認されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の南極環流の言及

【インド洋】より

…その後同海嶺は,断裂帯へ変身してゆく。オーストラリアと南極との分離は,ずっと遅く約4000万年前の後期始新世に始まり,南極環流が形成されるほど開くのは始新世を過ぎてからである。同海流は南極大陸氷河を生じ,海底に厚いケイ質軟泥を積もらせるもととなった。…

【海洋大循環】より

…また赤道をはさんでその両側に幅の狭い循環も見られる。南半球の亜熱帯循環のさらに南側には,図には描かれていないが,南極環流という南極大陸を囲む循環がある。この北半球と南半球が対称でないのは陸地と海洋の分布が両半球で異なるためと考えられる。…

【南極海】より

…南極収束線の南北で水質が異なるため,南側にはおもにケイ質軟泥,北側にはおもに石灰質軟泥が堆積している。 ほぼ南緯40゜以南の海水は,偏西風帯下にあって,西から東へ流れ,南極環流,周南極海流などといわれる。その流軸は南極収束線の位置にほぼ一致しているが,これらは必ずしも連続した環流ではなく,大小の渦流が連なった結果の時計回り環流で,今後研究が必要である。…

※「南極環流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南極環流の関連キーワード逆行赤道反流南極大陸込潮ビスコー諸島やまと隕石沖出しウエッデル海西南極大陸東南極大陸

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone