コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南知多[町] みなみちた

百科事典マイペディアの解説

南知多[町]【みなみちた】

愛知県知多郡,知多半島南端の町。中心の内海(うつみ)は海水浴場とミカン園で有名。豊浜は県下屈指の漁業基地。師崎(もろざき)は篠島日間賀(ひまか)島の観光基地。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みなみちた【南知多[町]】

愛知県南部,知多郡の町。人口2万4846(1995)。知多半島南端に位置し,三河湾篠島日間賀島を含む。半島部は全体にゆるやかな丘陵地が多い。伊勢湾と三河湾に面し,遠洋漁業の豊浜漁港をはじめ,近海漁業の篠島,日間賀島,師崎(もろさき),大井などの天然の良港に恵まれ,古くから漁業が盛んである。米作のほか,ミカン,野菜,花卉の栽培が盛んで,酪農や養豚も行われる。工業も食品加工を中心に生産が伸びている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

南知多[町]の関連キーワード三河湾国定公園愛知県知多郡