コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊浜 とよはま

5件 の用語解説(豊浜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊浜
とよはま

広島県南西部,呉市南東部の旧町域。芸予諸島のうち,豊島,大崎下島西部と三角島西部,尾久比島,斎島 (いつきしま) からなる。 1969年町制。 2005年呉市に編入。ミカン栽培と水産業が中心で,農地のほとんどはミカン園。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

豊浜
とよはま

香川県西端,観音寺市南西部の旧町域。三豊平野の南西部に位置し,燧灘に臨む。南部で愛媛県に接する。 1899年町制。 1955年和田村と合体。 2005年観音寺市大野原町と合体して観音寺市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

豊浜
とよはま

愛知県南西部,知多半島南端の南知多町の一地区で同名の漁港。伊勢湾に面し,かつては江戸と大坂を往復する船の寄港地として栄えた。現在は沿岸漁業水揚げ水産加工ノリ養殖などが行われ,漁港設備は愛知県随一。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とよはま【豊浜】

広島県南部、呉市の地名。瀬戸内海の豊島、大崎下島西部などからなる。
香川県南西部、観音寺市の地名。西は燧ひうち灘に面する。製麺・漆器製造などが盛ん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊浜の関連キーワード広川町広見狭い広野広原広路町広瀬町広田町広見町

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊浜の関連情報