コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南米出血熱 ナンベイシュッケツネツ

デジタル大辞泉の解説

なんべい‐しゅっけつねつ【南米出血熱】

中南米で発生している、アルゼンチン出血熱、ベネズエラ出血熱、ブラジル出血熱、ボリビア出血熱など、ウイルスの感染によって発症する出血性熱疾患の総称感染症予防法の1類感染症、検疫法検疫感染症の一。症状・経過はエボラ出血熱などと似る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

南米出血熱の関連キーワード「伝染病予防法」から「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」へ感染症指定医療機関感染症予防医療法学校感染症生物剤中南米

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android