コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南薩摩の十五夜行事

1件 の用語解説(南薩摩の十五夜行事の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

南薩摩の十五夜行事

鹿児島県の薩摩半島南部の地区(枕崎市、南九州市知覧町、南さつま市坊津町など)に伝わる民俗行事。男の子供組を中心に行われる大綱引きや、十五夜踊などの行事があり、特に知覧町に伝わる「ソラヨイ」と呼ばれる十五夜踊は、裸に藁で作った蓑・笠・袴をつけて踊るもので、月と大地に感謝し豊作を願う、呪術的色合いの濃い習俗。四股を踏むようなしぐさから、相撲の原型とも考えられている。1981年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南薩摩の十五夜行事の関連情報