コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南閨雑話 なんけいざつわ

世界大百科事典 第2版の解説

なんけいざつわ【南閨雑話】

洒落本。夢中山人(むちゆうさんじん)作。1773年(安永2)刊。1冊。南閨は品川遊里をいう。国元から上った藩の重役人を,江戸詰めの作事役人沢井が,工事請負人忠治や材木屋の若息子幸治郎,大工長七などと品川の遊里に遊ばせるという構成をとる。あまりよくもてなされない役人の武士客や,なじみの女と痴話喧嘩を楽しむ忠治や,初会の女郎に惚れられるうぶな幸治郎などが,いきいきと描かれている。品川を扱った洒落本の代表作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南閨雑話の関連キーワード街道湯漬け・街道湯漬ちょちょら夜っぴといすっきり街道湯漬体もない鍛える御部屋ずんどねんす畜類め口広い御先大体

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android