コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

材木屋 ザイモクヤ

3件 の用語解説(材木屋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ざいもく‐や【材木屋】

材木を売る店。また、材木の売買を業とする人。
《「気取る」を「木取る」にかけた俗語で》気取り屋

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ざいもくや【材木屋】

材木を売る店。また、それを業とする者。
〔木を取るの意から〕 気取り屋。
〔木と気をかけて〕 気が多いこと。また、その人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

材木屋
ざいもくや

材木を売買する店。12世紀、京都・堀川に材木商人が集住したのをはじめ、13世紀には堀川、木津、または関東鎌倉和賀江津(わかえつ)に材木座(木屋座)を設けるなど、水運の便のよい消費地で、材木商いはおこった。やがて、仲継取引の問屋が生まれた。16世紀には仲買が現れ、17世紀の材木屋は近世のそれにつながる。このように、近代の材木流通は問屋・仲買・小売りで成り立ち、江戸の材木問屋は最初仲買と小売りを兼ねたが、やがて分化した。18世紀には生産地別・材種別に分かれ、林産地と直(じき)取引をする例もみられた。材木商人の集住地は木場(きば)とよばれた。小売商店は、大割・小割を提供するために、何人かの大鋸引(おがひき)(木挽(こびき))を、集荷した材木を移動させるために筏(いかだ)師(川並鳶(かわなみとび))を抱えていた。小売りの材木屋は各地に散住していた。建築は大半が請負仕事であり、大工棟梁(とうりょう)や請負師は材木屋からそれぞれ仕事を委託された。
 20世紀に入るとベニヤ板が材木屋の主要取引商品となった。現代では、木材一般の国産物は衰退し輸入材が増大した。[遠藤元男]
『秋永芳郎著『江戸東京木場の歴史』(1975・新人物往来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

材木屋の関連キーワード木屋小道具屋材木材木奉行酒家貯木土場山売り木品木っ端を拾うて材木を流す

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

材木屋の関連情報