コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

材木屋(読み)ザイモクヤ

大辞林 第三版の解説

ざいもくや【材木屋】

材木を売る店。また、それを業とする者。
〔木を取るの意から〕 気取り屋。
〔木と気をかけて〕 気が多いこと。また、その人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

材木屋
ざいもくや

材木を売買する店。12世紀、京都・堀川に材木商人が集住したのをはじめ、13世紀には堀川、木津、または関東鎌倉和賀江津(わかえつ)に材木座(木屋座)を設けるなど、水運の便のよい消費地で、材木商いはおこった。やがて、仲継取引の問屋が生まれた。16世紀には仲買が現れ、17世紀の材木屋は近世のそれにつながる。このように、近代の材木流通は問屋・仲買・小売りで成り立ち、江戸の材木問屋は最初仲買と小売りを兼ねたが、やがて分化した。18世紀には生産地別・材種別に分かれ、林産地と直(じき)取引をする例もみられた。材木商人の集住地は木場(きば)とよばれた。小売商店は、大割・小割を提供するために、何人かの大鋸引(おがひき)(木挽(こびき))を、集荷した材木を移動させるために筏(いかだ)師(川並鳶(かわなみとび))を抱えていた。小売りの材木屋は各地に散住していた。建築は大半が請負仕事であり、大工棟梁(とうりょう)や請負師は材木屋からそれぞれ仕事を委託された。
 20世紀に入るとベニヤ板が材木屋の主要取引商品となった。現代では、木材一般の国産物は衰退し輸入材が増大した。[遠藤元男]
『秋永芳郎著『江戸東京木場の歴史』(1975・新人物往来社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

材木屋の関連情報