品川(読み)シナガワ

  • しながわ しながは
  • しながわ〔しながは〕

世界大百科事典 第2版の解説

東京都品川区東部地名目黒川東京湾に注ぐところにあり,西部武蔵野(山手)台地と東部の沖積地,埋立地からなる。1878年東京府荏原(えばら)郡に編入され,1932年には東京市に新設された20区のうちの品川区となり,47年に西隣の荏原区と合体して現在の品川区が成立した。江戸時代には東海道の宿駅と漁師町として栄え,1872年(明治5)に新橋~横浜間に開通した日本最初の鉄道は,この地域の海沿いを走り,隣接する高輪に品川停車場がつくられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京都品川区北東部、JR、京浜急行電鉄品川駅の南方の地区。山手(やまのて)台地から目黒川沿いの低湿地、さらに東京湾岸の埋立地にかけて広がる。目黒川を古く品川とよんだこと、付近の高輪(たかなわ)に対し品ヶ輪と名づけたこと、また鎧(よろい)の威(おどし)に用いる品革の染色が行われていたことが地名の由来という。現在、目黒川以北が北品川、目黒川以南のうち東海道本線を境として西側が西品川、東側が南品川、東部の埋立地が東品川と4地区に分かれる。

 中世には品河氏の居住地であったが、江戸時代は幕府直轄地となった。京浜急行電鉄北品川駅と八ツ山通りの間の狭い道が旧東海道で、ここに江戸四宿の一つ品川宿が置かれた。駅馬36匹、遊里もでき、四宿のなかでもっとも繁栄した。品川宿の中心、北本宿(ほんじゅく)にあった本陣跡は現在聖蹟(せいせき)公園となっている。

 山手台地は太田道灌(どうかん)の館(やかた)があったことから御殿山(ごてんやま)とよばれ、江戸時代はサクラの名所であった。現在は大使館が置かれ、高級住宅地となっている。東品川は、ノリ採取地であったが、大部分は1887年(明治20)以降の埋立地で、工業地区として発展、北東端に火力発電所、コンテナターミナル、品川埠頭(ふとう)がある。北品川には品川天王祭の品川神社、沢庵(たくあん)禅師開基の東海寺、南品川には江戸六地蔵の品川寺(ほんせんじ)、岩倉具視(ともみ)の墓所の海晏寺(かいあんじ)があり、旧東海道筋には史跡が多い。

[沢田 清]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 東京都品川区北東部の地名。東京湾に面する地域で、江戸時代は東海道五十三次の第一の宿駅が置かれた。その宿場町は歩行(かち)新宿・北品川宿・南品川宿に分かれ、本陣は歩行新宿の北本宿に置かれた。薩摩藩士、僧の出入りで名高い遊里としてもにぎわった。明治二年(一八六九)品川県となり、同四年東京府荏原(えばら)郡品川町となって郡役所が置かれた。昭和七年(一九三二)東京市の市域拡張に伴い、隣接の大崎町・大井町を含め品川区となる。
[二] 東京都二三区の一つ。昭和七年(一九三二)設置された品川区に、同二二年荏原(えばら)区を合併して現在の区域が成立。西部の台地は住宅地、東部と目黒川の沿岸は工場が多く、京浜工業地帯の一部を形成する。
姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の品川の言及

【南閨雑話】より

…1冊。南閨は品川の遊里をいう。国元から上った藩の重役人を,江戸詰めの作事役人沢井が,工事請負人忠治や材木屋の若息子幸治郎,大工長七などと品川の遊里に遊ばせるという構成をとる。…

【南江駅話】より

…1冊。南江は品川をさす。吉原通(つう)を誇る半可通(はんかつう)酔無が,3人の友人とともに初めて品川に遊び,女に冷遇されるのと,友人の一人袖浦(しゆうほ)がなじみの女に好遇されるのとを対照的に描いている。…

※「品川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

品川の関連情報