単クローン抗体(読み)タンクローンコウタイ

化学辞典 第2版「単クローン抗体」の解説

単クローン抗体
タンクローンコウタイ
monoclonal antibody

モノクローナル抗体ともいう.特定のB細胞クローンによって生産された抗体アミノ酸配列が均一な抗体分子(免疫グロブリン)で,細胞融合技術によってつくり,研究や臨床に用いられている.これに対し,通常の抗血清中には,可変部のアミノ酸配列がわずかに異なる複数の抗体分子が含まれており,それらはポリクローナル抗体といわれる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android