コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗血清 こうけっせいantiserum

翻訳|antiserum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抗血清
こうけっせい
antiserum

特定の抗原を動物に接種して,その血清中につくりだされた抗体を含む血清をいう。免疫血清とほぼ同義語。病原菌やヘビなどのつくりだす毒素中和する作用をもつ抗体を含んだ血清を抗毒素血清,病原菌の菌体すなわち菌浮遊液に対する抗体をもつ血清を抗菌血清という。抗毒素血清は,ジフテリア,破傷風,ボツリヌスなど毒素をつくりだす菌の感染症やヘビ,サソリ,クモなどの咬傷の治療に用いることが多い。これを血清療法という。血清療法にはウマ,ウシ,ブタなど,ヒト以外の動物の血清を用いるので,患者は異種蛋白で感作されたことになり,次回の投与時には異なる動物種のものを用いないと,血清病を起すので危険である。抗血清は治療のほか,診断や血清中和試験などにも用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐けっせい〔カウ‐〕【抗血清】

動物の体内に病原菌や毒素などの抗原を注射し、血液中に抗体を作らせてから採取した血清。治療や免疫実験に用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうけっせい【抗血清】

抗原を動物に接種して得られる抗体を含む血清。治療や実験に用いる。免疫血清。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

抗血清の関連キーワードアナフィラキシーショックピーター ステファンリーサスモンキーアナフィラキシーMN 式血液型動物衛生研究所家畜届出伝染病Rh式血液型免疫電気泳動ボルデー現象生物学的製剤後天性免疫アレルギーベーリング獲得免疫免疫療法毒蛇咬傷凝集反応血液型食中毒

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android