抗血清(読み)こうけっせい(英語表記)antiserum

翻訳|antiserum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「抗血清」の解説

抗血清
こうけっせい
antiserum

特定の抗原を動物に接種して,その血清中につくりだされた抗体を含む血清をいう。免疫血清とほぼ同義語。病原菌ヘビなどのつくりだす毒素中和する作用をもつ抗体を含んだ血清を抗毒素血清,病原菌の菌体すなわち菌浮遊液に対する抗体をもつ血清を抗菌血清という。抗毒素血清は,ジフテリア破傷風,ボツリヌスなど毒素をつくりだす菌の感染症やヘビ,サソリクモなどの咬傷の治療に用いることが多い。これを血清療法という。血清療法にはウマ,ウシ,ブタなど,ヒト以外の動物の血清を用いるので,患者は異種蛋白で感作されたことになり,次回の投与時には異なる動物種のものを用いないと,血清病を起すので危険である。抗血清は治療のほか,診断や血清中和試験などにも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「抗血清」の解説

こう‐けっせい カウ‥【抗血清】

〘名〙 抗原を動物に注射して得た抗体を含む血清。実験や血清療法に用いられる。免疫血清。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android