コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単元未満株 たんげんみまんかぶ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

単元未満株

取引所で取引できる最低単位の単元株に満たない端株のこと。単元株制度のもと、1単元の株式数に満たない株式のことをいう。具体的な例を示すと、1000株=1単位として取引されているA銘柄の場合、1000株=1単位が1単元となり、1株から999株までの、いわゆる1000株に満たない株数が、A銘柄の単元未満株となる。2001年10月の商法改正により導入された。議決権を除き、基本的に1単元以上の株式と同様の権利が与えられる。商法改正までの単位未満株同義語

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

株式公開用語辞典の解説

単元未満株

単元株制度のもと、1単元の株式数に満たない株式のことをいう。単元未満株には株主総会における議決権の行使は認められないが、それ以外の株主の権利(例えば、書類閲覧謄写権、株主代表訴訟提起権等)は持つことができる。単元未満株券の名義書換実質株主報告は、共に可能である。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

単元未満株の関連キーワード株式買取請求権経営参加権株券電子化自己株式株式分割廣田証券買取請求登録株

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android