コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単元未満株 たんげんみまんかぶ

2件 の用語解説(単元未満株の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

単元未満株

取引所で取引できる最低単位の単元株に満たない端株のこと。単元株制度のもと、1単元の株式数に満たない株式のことをいう。具体的な例を示すと、1000株=1単位として取引されているA銘柄の場合、1000株=1単位が1単元となり、1株から999株までの、いわゆる1000株に満たない株数が、A銘柄の単元未満株となる。2001年10月の商法改正により導入された。議決権を除き、基本的に1単元以上の株式と同様の権利が与えられる。商法改正までの単位未満株と同義語。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典の解説

単元未満株

単元株制度のもと、1単元の株式数に満たない株式のことをいう。単元未満株には株主総会における議決権の行使は認められないが、それ以外の株主の権利(例えば、書類閲覧謄写権、株主代表訴訟提起権等)は持つことができる。単元未満株券の名義書換実質株主報告は、共に可能である。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単元未満株の関連キーワード単位未満株単元株端株取引所単位株制度単元株制度現物清算取引薄敷先渡取引(フォワード取引)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

単元未満株の関連情報