コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単独裁判官 たんどくさいばんかん

百科事典マイペディアの解説

単独裁判官【たんどくさいばんかん】

合議制でなく裁判官1人で事件を扱う場合,これを単独裁判官という。合議制裁判所に対する。現在,簡易裁判所および家庭裁判所は単独制。地方裁判所も通常は単独制だが,法律に定める重要事件については3人の合議制をとる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

単独裁判官の関連キーワード期日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android