合議制裁判所(読み)ごうぎせいさいばんしょ

精選版 日本国語大辞典「合議制裁判所」の解説

ごうぎせい‐さいばんしょ ガフギセイ‥【合議制裁判所】

〘名〙 裁判官合議によって審理裁判を行なう裁判所。最高裁判所、高等裁判所は常に合議制をとるが、地方裁判所家庭裁判所については場合による。その人数は、最高裁判所の大法廷が一五人、小法廷が五人、下級裁判所では三人を原則とする。合議裁判所

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「合議制裁判所」の解説

ごうぎせい‐さいばんしょ〔ガフギセイ‐〕【合議制裁判所】

複数裁判官によって構成される合議制裁判所最高裁判所大法廷15人・小法廷5人)・高等裁判所では常に、地方裁判所家庭裁判所では場合によって合議制をとる。下級裁判所での員数は3人を原則とする。合議裁判所。⇔単独制裁判所

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android