コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合議制裁判所 ゴウギセイサイバンショ

2件 の用語解説(合議制裁判所の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごうぎせい‐さいばんしょ〔ガフギセイ‐〕【合議制裁判所】

複数の裁判官によって構成される合議制裁判所最高裁判所大法廷15人・小法廷5人)・高等裁判所では常に、地方裁判所家庭裁判所では場合によって合議制をとる。下級裁判所での員数は3人を原則とする。合議裁判所。⇔単独制裁判所

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうぎせいさいばんしょ【合議制裁判所】

二人以上の裁判官によって構成される合議制の裁判所。裁判長と陪席裁判官より成る。最高裁判所・高等裁判所がこれにあたり、地方裁判所・家庭裁判所は場合により例外的に合議制となる。 ↔ 単独制裁判所

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone