合議制裁判所(読み)ごうぎせいさいばんしょ

精選版 日本国語大辞典「合議制裁判所」の解説

ごうぎせい‐さいばんしょ ガフギセイ‥【合議制裁判所】

〘名〙 裁判官合議によって審理裁判を行なう裁判所。最高裁判所、高等裁判所は常に合議制をとるが、地方裁判所家庭裁判所については場合による。その人数は、最高裁判所の大法廷が一五人、小法廷が五人、下級裁判所では三人を原則とする。合議裁判所

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「合議制裁判所」の解説

ごうぎせい‐さいばんしょ〔ガフギセイ‐〕【合議制裁判所】

複数の裁判官によって構成される合議制裁判所最高裁判所大法廷15人・小法廷5人)・高等裁判所では常に、地方裁判所家庭裁判所では場合によって合議制をとる。下級裁判所での員数は3人を原則とする。合議裁判所。⇔単独制裁判所

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android