単称命題(読み)たんじょうめいだい

精選版 日本国語大辞典の解説

たんしょう‐めいだい【単称命題】

〘名〙 (singular proposition の訳語) 形式論理学で、主辞が単独概念である命題。「この鳥は白い」「この花は美しくない」の類。単称的判断単称判断。⇔全称命題。〔哲学字彙(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の単称命題の言及

【判断】より

…(1)においてSは主語subject,Pは述語predicateと呼ばれ,〈is(である)〉は二つの名辞(概念)をつなぐものとして繫(けい)辞またはコプラcopulaと呼ばれている。さて,まず主語Sが個体のとき,(1),(2)は単称命題といわれる。例えば〈ソクラテスは人間である〉は単称命題である。…

※「単称命題」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android