コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単純語 タンジュンゴ

2件 の用語解説(単純語の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たんじゅん‐ご【単純語】

単語のうち、構成上それよりも小さく分解することのできない語。「ちち(父)」「はは(母)」など。→複合語

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の単純語の言及

【形態素】より

…英語のbooks/buk‐s/〈複数の本〉と,形容詞manly/mæn‐li/〈男らしい〉において,語幹の/buk/と/mæn/は自立形式であるが,複数語尾/‐s/と形容詞語尾/‐li/は共に結合形式である。自立形式の方を単純語,結合形式を含むものを複合語というが,複合語が単純語に置き換えられる場合を派生形とする。たとえばa manly deed〈男らしい行為〉のmanlyを単純語goodに置き換えればa good deed〈よい行為〉となる。…

※「単純語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone