コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単電子トランジスタ たんでんしとらんじすた single electron transistor

1件 の用語解説(単電子トランジスタの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

単電子トランジスタ

金属薄膜または半導体と絶縁膜とを組み合わせトンネル接合の面積を極めて微小にし、その電気容量を極端に小さく(1兆分の1フアラド以下に)して、もう1つの電極をキャパシター(コンデンサー)を介して結合させ、電子1個の動きを制御するトランジスタ。室温で動作が確認されている。外部から一定のエネルギーが与えられるまで電荷移動が起こらないクーロン・ブロッケード現象が見られ、電圧‐電流特性が階段状になるクーロン・ステアケースが観測される。この現象を用いた論理回路や記憶回路の提案もある。

(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単電子トランジスタの関連キーワードディスクリート半導体アモルファス半導体コンビネーションドライエッチング熱電能p型半導体不導体編組セミコンダクターモット絶縁体

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone