コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電荷移動 デンカイドウ

世界大百科事典 第2版の解説

でんかいどう【電荷移動 charge transfer】

2種類の分子が作用して,分子間に分子間力が働き分子化合物をつくる。その際,電子が一方の分子から他方の分子に移動し,各分子がイオン状態をとる場合がある。そのイオン間に生ずる結合に分子間力が作用し,より強く分子を結合させる。このような作用は量子力学的に起こり,この現象を電荷移動と呼んでいる。 2種類の分子の間に電荷移動が起こると,次のような特徴が表れる。(1)組成成分にない新しい吸収スペクトルが現れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

電荷移動の関連キーワードポリビニルカルバゾール単電子トランジスタ電導性プラスチックポリアセチレン固体電解質電池合成有機金属電荷移動錯体荷電交換衝突リチウム電池有機半導体電子親和力高次化合物付加化合物EDA錯体有機伝導体井口洋夫電極反応マリケン長倉三郎有機導体

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android