コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博報堂[株] はくほうどう

2件 の用語解説(博報堂[株]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

博報堂[株]【はくほうどう】

広告代理店で業界国内2位,世界11位。1895年創立。第2次大戦中までは出版広告を中心としていたが,戦後は分野を拡大して総合的な広告会社へ成長した。テレビの広告収入が中心で売上高の45%を占める。
→関連項目広告代理業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はくほうどう【博報堂[株]】

日本の有力な広告会社。1895年10月瀬木博尚(1852‐1939)が創業。第2次大戦中までは雑誌の掲載広告や新聞の雑誌書籍広告など,おもにいわゆる出版広告を取り扱う広告代理店であった。初期には当時の大出版社博文館の出版広告を取り扱ったこと,《東京朝日新聞》1905年1月から第1面を全面にわたって出版広告にあてたときその取扱いをまかされたこと,などが成長の基盤となったとされている。1910年7月,博文館の経営していた小説・文芸ニュースなどを地方紙に配信する内外通信を譲り受けて通信業をも兼営し,社名も内外通信社広告部博報堂と改めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

博報堂[株]の関連キーワード電通リクルートフィーシステム新通オリコム相鉄エージェンシー朝日広告社日本経済広告社日本経済社中電興業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone