卜部兼文(読み)うらべ かねふみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

卜部兼文 うらべ-かねふみ

?-? 鎌倉時代の神道家。
卜部兼頼の子。文永3年(1266)ごろ神祇権大副(じんぎのごんのたいふ)。11年から翌年にかけて一条実経らに「日本書紀」を講じ,子兼方の「釈日本紀」の基をつくった。10年「古事記裏書」をあらわした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android