即庵宗心(読み)そくあん そうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

即庵宗心 そくあん-そうしん

?-? 鎌倉時代の僧。
臨済(りんざい)宗。南浦紹明(なんぽ-じょうみん)(1235-1308)の法をつぎ,筑前(ちくぜん)(福岡県)興徳寺の住持となる。のち豊後(ぶんご)(大分県)万寿寺,筑前報恩寺・崇福(そうふく)寺,京都万寿寺の住持をつとめた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android