コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南浦紹明 なんぽじょうみょう

6件 の用語解説(南浦紹明の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南浦紹明
なんぽじょうみょう

[生]嘉禎1(1235).駿河
[没]延慶1(1308).12.29. 鎌倉
鎌倉時代臨済宗の僧。「しょうみょう」「じょうみん」とも読む。聖一国師 (円爾) の甥。初め浄弁について学んだが,のち蘭渓道隆の門に入り,正元1 (1259) 年入宋して虚堂智愚の法を継ぎ,文永4 (1267) 年帰国した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なんぽ‐しょうみょう〔‐セウミヤウ〕【南浦紹明】

[1235~1308]鎌倉中期の臨済(りんざい)宗の僧。駿河の人。鎌倉建長寺住持。紹明は「じょうみん」「じょうみょう」とも。建長寺の蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)に師事し、正元元年(1259)入宋、帰国後、各地で禅宗を弘め臨済宗発展の基礎をつくった。諡号(しごう)は円通大応国師。著作に「大応国師語録」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南浦紹明 なんぽ-じょうみん

1235-1309* 鎌倉時代の僧。
嘉禎(かてい)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。蘭渓道隆(らんけい-どうりゅう)に師事する。正元(しょうげん)元年宋(そう)(中国)にわたり,虚堂智愚(きどう-ちぐ)の法をついで文永4年帰国。筑前(ちくぜん)(福岡県)興徳寺,崇福(そうふく)寺,京都万寿寺の住持をへて鎌倉建長寺の住持となった。延慶(えんきょう)元年12月29日死去。74歳。翌2年後宇多法皇から日本初の国師号円通大応国師をおくられる。駿河(するが)(静岡県)出身。俗姓は藤原。著作に「大応国師語録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

南浦紹明

没年:延慶1.12.29(1309.2.9)
生年:嘉禎1(1235)
鎌倉時代の臨済宗の僧。大応派の祖。駿河(静岡県)安倍郡の人。「じょうみょう」ともいう。鎌倉の建長寺で蘭渓道隆 に師事し,正元1(1259)年に入宋,虚堂智愚に参禅して嗣法する。文永4(1267)年に帰国するが,中国を離れるとき,虚堂が南浦に与えた「日多の記」,虚堂や43人の名僧が詩文を寄せた「一帆風」が知られる。鎌倉の建長寺に帰山したのち,文永7年,筑前(福岡県)早良の興徳寺に入寺し,文永9年太宰府の崇福寺(のち博多に移建)に移り,嘉元2(1304)年,後宇多上皇の勅請で京都に上る。洛西安井の韜光庵に寓し,翌年万寿寺に入寺する。嘉元禅刹(禅寺)を開創しようとしたがならなかった。建長寺住持となる。後宇多法皇に下賜された「円通大応国師」の国師号は日本における初例。法嗣に宗峰妙超(大燈国師),法孫に関山慧玄が出て今日の臨済禅の法系的源をなし,それは応燈関一流の禅,応燈関門流などと称する。<参考文献>荻須純道『日本中世禅宗史』

(竹貫元勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なんぽしょうみょう【南浦紹明】

1235‐1308(嘉禎1‐延慶1)
鎌倉時代の臨済宗の僧。〈じょうみょう〉ともいう。駿河の人。幼時郷里の建穂寺に入り,のち鎌倉建長寺の蘭渓道隆の門に入った。正元(1259‐60)のころ入宋,各地の名刹を歴訪,ついに当時中国禅宗界の高峰だった虚堂に師事してその印可を得,1267年(文永4)帰国した。70年筑紫の興徳寺住持,72年に太宰府の崇福寺住持となって,以後30余年間,九州各地の道俗に禅風を高揚した。1305年(嘉元3)伏見上皇の招きによって上洛,京都五山の万寿寺に住持し,公家社会で禅要を説いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なんぽしょうみょう【南浦紹明】

1235~1308) 〔諱いみなは「しょうみん」とも〕 鎌倉時代の臨済宗の僧。駿河の人。南浦は道号。諡号しごうは円通大応国師。建長寺で蘭渓道隆に学んだのち、宋に渡って虚堂きどう智愚の法を継ぐ。臨済宗発展の基礎をつくった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の南浦紹明の言及

【虚堂智愚】より

…育王山広利寺,南山浄慈報恩寺,径山興聖万寿寺など五山の大寺に住した当代きっての禅僧である。日本から入宋した多くの禅僧も彼に参じたが,とりわけ南浦紹明(なんぽしようみよう)はその法を継いで帰朝し,大徳寺,妙心寺両派によってその法脈を今に伝えている。茶道が大徳寺派の禅と密接な関係をもって発展すると,虚堂の墨跡は禅家はもとより茶の世界でも特に愛玩珍重された。…

【酬恩庵】より

…通称は一休寺。寺伝によれば,鎌倉後期,大応国師南浦紹明(なんぽしようみよう)がこの地に創建した妙勝寺にはじまる。そののち,大徳寺に育ちながら深く大応禅に私淑していた一休宗純が,妙勝寺の荒廃を嘆いて復興につとめ,1456年(康正2)堂宇を落成,かたわらに大応の恩に酬(むく)いようと,その画像をまつって〈酬恩庵〉と名付けた庵を結んだ。…

【禅宗】より

…日本の禅宗は,それらをあわせて受容するのであり,独自の近世禅文化を開くこととなる。 日本の臨済宗は,鎌倉時代の初めに明庵栄西が入宋して,五家七宗のうちの黄竜宗を伝え,《興禅護国論》を著して,旧仏教との調和をはかりつつ,鎌倉幕府の帰依で京都に建仁寺を開くのに始まり,同じく鎌倉幕府が招いた蘭渓道隆や無学祖元などの来朝僧と,藤原氏の帰依で京都に東福寺をひらく弁円や,これにつぐ南浦紹明(なんぽしようみよう)(1235‐1308)などの入宋僧の活動によって,短期間に鎌倉と京都に定着し,やがて室町より江戸時代にその後継者が,各地大名の帰依で全国に広がるものの,先にいう四十八伝二十四流の大半が,栄西と道元その他の少数を除いてすべて臨済宗楊岐派に属する。臨済禅は,唐末の禅僧,臨済義玄(?‐866)を宗祖とし,その言行を集める《臨済録》をよりどころとするが,日本臨済禅はむしろ宋代の楊岐派による再編のあとをうけ,とくに公案とよばれる禅問答の参究を修行方法とするので,おのずから中国の文学や風俗習慣に親しむ傾向にあり,これが日本独自の禅文化を生むことになり,五山文学とよばれるはばひろい中国学や,禅院の建築,庭園の造型をはじめ,水墨,絵画,墨跡,工芸の生産のほか,それらを使用する日常生活の特殊な儀礼を生む。…

※「南浦紹明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南浦紹明の関連キーワード正韵淡海昌敬宙外玄杲東海宗朝乃山独麟福島慶道活山玄旭広叔元運圜悟克勤済家

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南浦紹明の関連情報