卵形面(読み)らんけいめん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

卵形面
らんけいめん
ovaloid

単一閉曲面で、内部のどの二点についてもそれらを結ぶ線分上の点はすべてまた内部にある、という曲面をいう。卵形線に類似の概念を空間で考えたもので、卵形線に関する定理の卵形面への拡張が種々行われている。[立花俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の卵形面の言及

【卵形】より

…卵形線の曲率半径が連続なときは,曲率が極大または極小となる点は少なくとも四つある。空間に球面と同相な図形Sがあるとき,Sは空間を内部と外部の二つの領域に分かつが,Sとその内部を合わせた図形が凸集合ならば,Sを卵形面または凸閉曲面という。卵形面S上のすべての点が1平面の同じ側またはこの平面上にあってSと少なくとも1点を共有するとき,この平面をSの支持平面という。…

※「卵形面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android