コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵管妊娠 ランカンニンシン

デジタル大辞泉の解説

らんかん‐にんしん〔ランクワン‐〕【卵管妊娠】

受精卵が卵管内に着床して発育する妊娠。子宮外妊娠の中で最も多く、卵管に通過障害のあるときなどにみられる。卵管破裂を起こすと母体が危険。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らんかんにんしん【卵管妊娠】

受精卵が卵管に着床して発育する妊娠。子宮外妊娠の中で最も頻度が高い。妊娠早期に流産あるいは卵管破裂を起こし、下腹部の激痛とともに腹腔内出血の徴候が現れる。喇叭らつぱ管妊娠。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の卵管妊娠の言及

【子宮外妊娠】より

…受精卵が卵管,卵巣,腹膜など,子宮腔以外の部位に着床して発育すること。全妊娠の0.3~0.7%にみられ,着床する部位によって,卵管妊娠,間質部妊娠,腹膜妊娠,卵巣妊娠などに分類される。卵管妊娠はさらに膨大部妊娠,卵管狭部妊娠に分けられ,膨大部妊娠の頻度が最も高く,次いで卵管狭部,間質部,腹膜,卵巣の順となる。…

※「卵管妊娠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

卵管妊娠の関連キーワード下腹部受精卵性器腹水流産徴候激痛血腫