コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵管妊娠 ランカンニンシン

2件 の用語解説(卵管妊娠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

らんかん‐にんしん〔ランクワン‐〕【卵管妊娠】

受精卵が卵管内に着床して発育する妊娠。子宮外妊娠の中で最も多く、卵管に通過障害のあるときなどにみられる。卵管破裂を起こすと母体が危険。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

らんかんにんしん【卵管妊娠】

受精卵が卵管に着床して発育する妊娠。子宮外妊娠の中で最も頻度が高い。妊娠早期に流産あるいは卵管破裂を起こし、下腹部の激痛とともに腹腔内出血の徴候が現れる。喇叭らつぱ管妊娠。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の卵管妊娠の言及

【子宮外妊娠】より

…受精卵が卵管,卵巣,腹膜など,子宮腔以外の部位に着床して発育すること。全妊娠の0.3~0.7%にみられ,着床する部位によって,卵管妊娠,間質部妊娠,腹膜妊娠,卵巣妊娠などに分類される。卵管妊娠はさらに膨大部妊娠,卵管狭部妊娠に分けられ,膨大部妊娠の頻度が最も高く,次いで卵管狭部,間質部,腹膜,卵巣の順となる。…

※「卵管妊娠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

卵管妊娠の関連キーワード受精/受精卵着床胎児受精卵有精卵ギフト法月経期子宮内膜妊娠の成立脱落膜

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone