コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮外妊娠 しきゅうがいにんしん

妊娠・子育て用語辞典の解説

しきゅうがいにんしん【子宮外妊娠】

子宮の中に着床するはずの受精卵が、別の場所に着床してしまうトラブルです。最も多いのは卵管の中に着床してしまうケースサイン妊娠5-6週ころの少量の出血とチクチクする腹部の痛み。変だと感じたら急いで産婦人科を受診してください。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しきゅうがい‐にんしん〔シキユウグワイ‐〕【子宮外妊娠】

受精卵が子宮腔以外の、卵管・卵巣腹膜などに着床し発育すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

子宮外妊娠【しきゅうがいにんしん】

受精卵が子宮腔以外の部位に着床し発育する場合をいう。ほとんどが卵管妊娠で,まれに卵巣妊娠,腹膜妊娠がある。卵管妊娠の原因は,卵管炎などで受精卵の通路(卵管腔)が狭くなっている場合,周囲臓器の炎症などによる癒着(ゆちゃく)・圧迫などにより卵管が異常に曲折している場合,または卵管の蠕動(ぜんどう)異常などで受精卵の子宮腔到達に障害がある場合などがあげられる。
→関連項目人工流産

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

家庭医学館の解説

しきゅうがいにんしん【子宮外妊娠 Extra Uterine Pregnancy】

◎受精卵が子宮以外の部位に着床
[どんな病気か]
 正常妊娠では、子宮のなかで胎芽(たいが)(胎児の初期の状態)・胎児が育ちます。
 ところが、妊娠はしていても、子宮の中の正常な部位以外で胎芽・胎児が大きくなる場合があり、これを子宮外妊娠といいます。もっとも頻度の多い子宮外妊娠は、卵管(らんかん)という細い管の中で胎芽が大きくなり、通常、妊娠5週~8週くらいの間に、卵管破裂や卵管流産などをおこし、手術が必要となることの多い病気です。
[症状]
 超音波などの検査技術の進歩した今日では、無症状のうちに診断がつき、手術となる場合も少なくありません。しかし、一般的には、左右のどちらかの下腹部痛や、暗赤色の少量の性器出血があり、さらに、腹腔内(ふくくうない)に出血すると急な腹痛、吐(は)き気(け)や嘔吐(おうと)などの症状をおこします。ひとたび腹腔内に出血し始めると、場合によっては多量(2000mℓ以上)となり、生命の危険もあり得るので、大至急病院へ行かなければなりません。
[原因]
 骨盤内(こつばんない)感染といって、卵管付近に炎症がある場合や、以前の感染がもとで、受精した卵(らん)が正常に子宮の中に運ばれないためにおこることが多いとされています。
●受診する科
 妊娠の可能性のある女性の下腹部痛は、まず産婦人科を受診するとよいでしょう。生理がたとえ順調であっても、子宮外妊娠による性器出血のこともありますので、注意が必要です。
[検査と診断]
 妊娠検査薬は、通常、妊娠4~5週でほぼ100%陽性に出ます。この時点で超音波検査をしても胎嚢(たいのう)が子宮内に確認できるとはかぎりませんが、基礎体温表や絨毛性(じゅうもうせい)ホルモン値(hCG値)からみて、妊娠6週をすぎても子宮内に胎嚢が確認できないときは子宮外妊娠を疑います。
 ただし、この時点では、ごく初期の流産との鑑別がたいせつです。子宮の中に胎嚢が現われず、卵管やほかの部位に胎嚢が確認された場合には、無症状であっても、子宮外妊娠の疑いが強いと考えられます。
 妊娠週数がほぼ確実に6週以上となり、経腟的(けいちつてき)(腟から行なう)超音波検査などで子宮の中に胎嚢が現われない場合、子宮内膜掻爬(しきゅうないまくそうは)という検査をすることがあります。これにより子宮内での妊娠かどうかを直接診断できます。
 その他の検査でたいせつなものは、継続的に尿中の絨毛性ホルモン値をはかることや、MRIなどによる画像診断です。また、診断と治療をかねて、腹腔鏡(ふくくうきょう)による検査で、直接に卵管などをみることもあります。
 腹痛のある状態では、腹腔内出血の有無や、その量が重要な問題となります。ダグラス窩(か)という子宮と直腸の間にあるくぼみに、血液がたまっているかどうかを、腟から針を刺して調べます。出血が多量で、腹部も膨満(ぼうまん)し、全身状態が不良である場合には、血液検査も同時に行ないます。
 かつては、腹痛や腹腔内出血がおこってからしか診断のつきにくかった子宮外妊娠も、現在では、無症状のうちに手術などの治療を行なうことも可能になってきました。しかし、残念なことに、いまだに初期の流産と子宮外妊娠を、完全に区別するのがむずかしい場合もあります。子宮外妊娠の可能性がある場合には、妊娠のごく初期からの検査や注意がたいせつです。
◎子宮外妊娠部位を手術で除去
[治療]
 子宮外妊娠の診断がついたならば、基本的な治療は、手術により卵管などの子宮外妊娠部位を摘出することです。腹腔内に出血が多く、全身状態も不良であれば、輸血・輸液が必要となることも少なくありません。
 ごく初期の子宮外妊娠で、出血などもない場合には、腹腔鏡を用いて卵管を摘出する手術が可能であることがあります。また、特殊な状況では、抗がん剤を用いた治療や、卵管形成術などの卵管を残す治療も行なわれます。
 図「子宮外妊娠の着床部位とその頻度」のように、卵管という器官は左右2つあり、基本的に片方の卵管、卵巣が正常であれば、妊娠は可能です。
 それぞれの治療の副作用などを相談のうえ、選択可能な状態であるならば、担当医と治療法を話し合ってください。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しきゅうがいにんしん【子宮外妊娠 ectopic pregnancy】

受精卵が卵管,卵巣,腹膜など,子宮腔以外の部位に着床して発育すること。全妊娠の0.3~0.7%にみられ,着床する部位によって,卵管妊娠,間質部妊娠,腹膜妊娠,卵巣妊娠などに分類される。卵管妊娠はさらに膨大部妊娠,卵管狭部妊娠に分けられ,膨大部妊娠の頻度が最も高く,次いで卵管狭部,間質部,腹膜,卵巣の順となる。
[子宮外妊娠の原因となりたち]
 子宮外妊娠のうち,最も多い卵管妊娠を中心に原因となりたちについて解説する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しきゅうがいにんしん【子宮外妊娠】

受精卵が子宮腔以外の場所(卵管・卵巣・腹腔)に着床して発育する妊娠。卵管妊娠がほとんどで、妊娠初期に流産や卵管破裂を起こし、激しい下腹痛とともに多量の出血を来す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子宮外妊娠
しきゅうがいにんしん
ectopic pregnancy

略して外妊ともいう。受精卵が子宮腔内以外の場所に着床した妊娠。卵管粘膜に着床する卵管妊娠が最も多いが,卵巣に着床する卵巣妊娠や,腹腔内に着床する腹腔妊娠もまれにある。卵管妊娠は,慢性卵管炎の既往歴をもつような卵管の通過障害が誘因となることが多い。卵巣妊娠や腹腔妊娠はかなり持続することがあるが,卵管妊娠では,大部分が妊娠3ヵ月頃までに卵管が破裂したり,卵管流産を起す。この場合,腹腔内出血によって腹膜刺激症状を示すことが多い。一般に子宮外妊娠の診断は,大量の子宮出血や腹腔内出血でショック症状を示すものは容易であるが,非典型的なものは困難な場合が多い。治療は開腹して患側の卵管摘出を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子宮外妊娠
しきゅうがいにんしん

受精卵が子宮体部以外の場所に着床して発育する場合をいう。全妊娠の約0.7%におこり、そのうち大部分(98%)は卵管妊娠であるが、まれに卵巣・腹膜・子宮頸管(けいかん)妊娠もみられる。
 卵管妊娠もいろいろな部位に分けられ、頻度は膨大部がもっとも多くて約70%、峡部は約20%、間質部が約5%、その他が約5%である。原因は卵管の炎症による癒着や狭窄(きょうさく)など、卵管の通過性が悪いときにおこる。したがって虫垂炎や結核性腹膜炎の影響で卵管の通過が悪くなったり、人工妊娠中絶(掻爬(そうは)手術)後に細菌感染して卵管炎をおこしたりすると、原因になることがある。卵管妊娠患者が治療を受けるのは、ほとんど全部が妊娠中絶、すなわち卵管破裂または卵管流産をおこしてからで、全例が腹腔(ふくくう)内出血を伴っていて胎児は助けられない。普通2~3か月無月経が続き、正常妊娠と同様につわりなどもあって妊娠と考えられるような時期にみられるが、予定月経前におこることもある。症状は、卵管破裂では突然下腹部の激痛をおこし、出血と疼痛(とうつう)が強い場合は顔面蒼白(そうはく)、脈が細く頻数になるほか、生あくびや冷や汗が出て呼吸も苦しく、いわゆるショック症状がみられる。卵管流産では陣痛様の下腹痛をおこし、その前後に暗赤色の出血が少量ながら長く続く。なお、卵巣・腹膜妊娠では中期、まれには末期まで妊娠が継続することがある。
 子宮外妊娠は、時がたてばかならず流産または破裂をおこすので、卵管妊娠になりやすい人、すなわち、結核性疾患、卵管炎、虫垂炎、腹膜炎にかかったことのある人、人工妊娠中絶後の経過が悪かった人、長期間にわたって不妊症であった人、卵管の通気治療や手術など不妊症の治療を受けた人は、妊娠の初期から医師の診察を受け、子宮外妊娠と診断されたらただちに手術をする。普通は腹式に摘除する。なお、診断には病歴や既往歴が参考になるが、ときに卵巣出血、虫垂炎、流産などと紛らわしく、内視鏡検査や入院して経過を観察することもある。重症例では発作後15時間以内に適切な処置をとらないと、大多数は生命に対して危険状態に陥る。
 また、子宮外妊娠の反復は10%以下であるが、再度の妊娠を希望しない場合は永久不妊手術も同時に行われる。[新井正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の子宮外妊娠の言及

【腹痛】より

…また下痢になることはまれで,かえって便秘に傾くことが多い。虫垂炎
[卵巣囊腫の捻転,子宮外妊娠の破裂]
 卵巣囊腫の捻転は,突然に出現する下腹部痛で始まり,実際には虫垂炎とよく似た症状であるから,女性の場合,虫垂炎が疑われるときは必ず考慮しておかねばならない。一方,子宮外妊娠の破裂は,突発する下腹部の激痛とともにショック症状,貧血症状が著しく,性器出血などがある。…

※「子宮外妊娠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

子宮外妊娠の関連キーワードテート(Robert Lawson Tait)市販の妊娠検査薬の作用のしくみ妊娠中の注意すべき症状と対策虫垂炎(虫垂突起炎)/盲腸炎女性性器のしくみとはたらき人工妊娠中絶の知識体外受精、胚移植妊娠から出産まで機能性子宮出血産科ショック妊娠の成立失血性貧血流産・早産急性腹症急性膵炎絨毛がん異常妊娠妊娠中絶不正出血三宅董庵

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子宮外妊娠の関連情報