コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵胞嚢腫 らんぽうのうしゅfollicular cyst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卵胞嚢腫
らんぽうのうしゅ
follicular cyst

卵巣嚢腫ともいう。卵胞が正常卵胞の発育限度をこえて異常に大きくなり,長く卵巣内にとどまる病気。1つが萎縮退行しても次々と新しい嚢腫が発生して正常な排卵が行われず,性周期も不規則になったり,停止する場合もあり,不妊症となる。原因は下垂体前葉から分泌される卵胞刺激ホルモン FSHの分泌過剰と黄体形成ホルモン LHの分泌低下と考えられており,性腺刺激ホルモンや黄体ホルモン投与による治療が行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

卵胞嚢腫の関連キーワード卵巣嚢腫繁殖障害

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android